週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 「忘れられる権利」について、真剣に考える時期にきている

連載コラム

「忘れられる権利」について、真剣に考える時期にきている

[2013年10月22日]

「利用者には『漏洩しない情報はない』という自覚が必要」と語る岡嶋裕史氏

『個人情報ダダ漏れです!』「会社でアダルトコンテンツを検索したら、バレますか?」「個人情報漏洩ってそんなに起こるものですか?」など、Q&A形式で“スマホ時代の個人情報漏洩リスク”をわかりやすく解説した指南書だ。

著者である関東学院大学准教授の岡嶋裕史氏に、執筆の動機、そしてこれからの個人情報の取り扱いはどうあるべきかを聞いた。

―「個人情報」というテーマを手がけようと思ったのは、どうしてですか?

「まず、自分でもPCやスマホを使っていて、怖くなったことがきっかけです。いま、世の中の多くの人がスマホを持ち、フェイスブックやツイッターに代表されるSNSを使っています。でもそうしたコミュニケーションサービスの利用は、個人情報の公開と表裏一体なのです」

―フェイスブックを例にとると、初期設定ではいろんな情報が公開されることになっていますね。

「そうなんです。何も知らない人がそのまま使い始めるにはちょっと危険ですよね。そして、その設定を変更したいと思っても、メニューがすごくわかりにくくなっています」

―それは、わざとそうしているんでしょうか?

「そうでしょう。狙っているとしか思えません(笑)。もちろん、さまざまな情報をオープンにして、利便性を向上させようという思想はわかるんです。個々のユーザーのプロファイリングが進むことでサービスは向上しますし、全体最適にもつながりますから。でもそれが個人にとって好ましいかというと別問題です。世の中の傾向としてそうなっていくのはもう止められませんが、何も知らずにいるのはどうかと考え、こうした柔らかいスタイルの本でご紹介しようと思ったのです」

―では、そうしたSNSを活用していく上で、利用者が注意しなければならないことは?

「ポイントは、どんなコミュニケーションツールでも、使っているうちに『これはプライベートなもの』と誤解してしまうところにあります。自分がつながっているのは友達のネットワークだけじゃなくて、インターネットという広い世界なんだということを忘れずにいることが大切でしょう」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18