週プレNEWS TOP ニュース ビジネス 過疎化する田舎の町が“葉っぱビジネス”で再生

ニュース

過疎化する田舎の町が“葉っぱビジネス”で再生

[2013年10月31日]

横石知二社長。27歳の時につまもの商品「彩」を開発。40歳で「株式会社いろどり」の取締役に

田舎、高齢化、元気がない…四国・徳島の静かな山奥にあるこの町も以前はそんな感じだった。

それが“理想の高齢化社会”として若者も惹きつける町に! 元気の源は…なんと“葉っぱ”だった!

***

料亭で出される料理などに添えられている、もみじや南天などの葉っぱ。これらは「つまもの」と呼ばれている。そんな葉っぱでビジネスを行なっているのが「株式会社いろどり」だ。なんと年間2億6000万円(!)もの売り上げを生み出しているというからビックリ。しかも働いているのは70代、80代のおばあちゃんたちばかり!

その謎を突き止めるべく徳島県にある「いろどり」の社長、横石知二(ともじ)さん(55歳)を直撃!

「私はもともと農作物を作るだけでなく経営などを指導する“営農指導員”として20歳のときに上勝(かみかつ)町の農協に就職したんです。その頃は林業や建設業、みかんやすだちなど柑橘類の生産が中心でした。それがここに来て数年たった頃、寒波でみかんが全滅しまして。それから野菜作りを始めたんですが、でも一年中できて、しかも女性もお年寄りもできるものはないかと考えるようになったんです」

そこで葉っぱビジネスを思いついたきっかけは?

「大阪で入ったおすし屋さんで、僕の横に女のコたちが座ってたんです。料理が運ばれてきたら、皿に添えられてたもみじを見て『きれいね~!』ってはしゃいでて。『なんでこんなもんが? こんなん上勝の山にいっぱいある……これはビジネスになるかもしれん』と。葉っぱなら軽いしね」

まさに横石さんが求めていた仕事が見つかったんですね。

「それで店の人に仕入れ先を聞いたら、料理人が自分で山へ行って採ってるというんで『これはいけるぞ!』と。でもそれを戻って話したら『葉っぱが金に変わるなんてタヌキかキツネのおとぎ話や』『そこらに落ちてるもんを拾うなんて貧しいもんのすること。プライドが許さん』と誰も賛成してくれない(苦笑)。そのときに『この人たちに欠けてるのは誇りと自信だ』と。逆に、それさえ取り戻せれば落ちてる葉っぱでも宝物に見えるはずやと」

そこでまず一緒にやっていく人を見つけるのが大変だった?

「それでも4人のおばあちゃんが一緒にやってくれることになったんですが、最初は採ってもらった葉っぱを市場に出しても全然売れんで(苦笑)。1パック5円とか10円の値段しかつかず赤字でした。後から知るんやけど、つまものっていうのはもっと洗練されてないとだめだった。そんなこと知らないから自然のままがいいと思って形も大きさもバラバラのまま詰めて販売してたんです。

料理人さんには『現場も知らん人間がこんな商売するな』って怒鳴られて。でも料亭なんか行ったことなかったからね。知りたいけどお金がない。裏から入って教えてもらおうとしたけど、また殴られたり(苦笑)。困り果ててたら僕の絶対諦めない性格を知ってる妻が『あんた、家にお金入れんでもいいから通いなさい』と。いや、泣きましたね」


コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】藤木由貴、待望の水着グラビアデビュー!! 

もっと見る

Back Number

  • No.23 Jun 5th 2017
  • No.22 May 29th 2017
  • No.19-20 May 15th 2017
  • No.18 May 1st 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.23

週刊プレイボーイグラビア増刊GW2017