週プレNEWS TOP 連載コラム 逆に教えて!! 加藤嘉一「米債務危機は現代国家のふたつの“病”を浮き彫りにしました!」

連載コラム

加藤嘉一「米債務危機は現代国家のふたつの“病”を浮き彫りにしました!」

[2013年11月11日]

世界の基軸通貨である米ドルを“人質”にして繰り広げられた、米議会での財政協議。その大混乱には、現代国家が抱えるふたつの“病”が投影されていました。

大いに混乱した米議会の財政協議。米国債のデフォルト(債務不履行)は10月中旬に土壇場で回避されたものの、半月以上も政府機関がシャットダウン(閉鎖)する異例の事態となりました。今回の騒動で、アメリカという国家、ひいては現代国家が抱えるふたつの“病”が明らかになったといえます。

ひとつは国際社会における「クレジット(信用性)危機」。先日、中国政府関係者から聞いた話ですが、米政府機関のシャットダウン中に中国で財務関係の会議を主催した際、アメリカからの参加予定者はこう連絡してきたそうです。

「Our government is closed」

つまり、シャットダウンの影響で渡航費が捻出できないため出席できない、というわけです。こうした話を見聞きした中国の政府関係者は、混乱するアメリカの状況を見て心底呆れ、ばかにすらしていました。普段は中国の外交姿勢や政治体制に文句を言うくせに、自国の統治もままならないじゃないか……と。

EUの金融危機しかり、日本の総理大臣が毎年代わってきたこともしかり、近年、世界的に「国家のクレジット危機」が続いています。仮にアメリカという超大国が今後、信用性を決定的に失墜させてしまったらどうなるか? 同盟国である日本はリスクヘッジができているのか? そんなことも考えさせられました。

もうひとつ、米議会の紛糾は「コンセンサスなき現代社会」を浮き彫りにしたといえます。

今回、野党の共和党は医療保険制度改革法(オバマケア)に大反対し、デフォルトも辞さぬ構えで激しく抵抗しました。アメリカの二大政党制においては「強い野党」の存在が不可欠ですから、与党と真っ向から対立すること自体は決して悪いことではありません。


馬場ふみか2018カレンダーブック 10月18日(水)発売予定!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.39-40 Oct 2nd 2017
    • No.38 Sep 18th 2017
    • No.37 Sep 11th 2017
    • No.36 Sep 4th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】大原優乃 大反響! 元Dream5メンバーの王道グラビア

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.39&40