週プレNEWS TOP 連載コラム デジタルクリエイターTehuの残念ながら、アイドルヲタです。 Tehuの「残念ながら、アイドルヲタです。」第7回:AKB48初の東京ドームライブがアイドルの現場デビューでした

連載コラム

Tehuの「残念ながら、アイドルヲタです。」第7回:AKB48初の東京ドームライブがアイドルの現場デビューでした

[2013年11月15日]

前田敦子が卒業した、昨年8月のAKB48東京ドーム公演。現場デビューしたTehuを待っていたのは、衝撃の発表だった!?

今回からは再び、僕のアイドル遍歴について振り返っていきます。このシリーズも終盤、ついに「現場デビュー!」までたどり着きました。

「第4回AKB48総選挙」で大島優子さんがセンターに返り咲いてから2ヶ月が経った昨年8月、待望の東京ドームライブが実現しました。ファン歴こそ短い僕ですが、初期メンバーの目標だった「1830mの夢」が実現する現場を共有したいがためにチケットを申し込みました。

実は3DAYSのうち2日目からは仕事でアメリカ出張だったため1日目しか申し込むことができず、財力もないのでファンクラブ複数口で申し込むなんてことも無理。そのため、かなり期待薄だったのですが、運良くチケットをゲットできました。あれはうれしかった! しかも、アリーナの前の方という良席で更にテンションアップ!

もっとも、アメリカへのフライトが関空発羽田経由で、羽田から乗ることがセキュリティの関係上できないため、夜行バスで東京に向かい、東京ドームライブを見て、また帰ってくるという非効率な日程になってしまったのですが……。だけど、それでも行きたい! オフィシャルペンライトをなぜか4本も買ってしまうほどの不思議な情熱が、僕を突き動かしていたのです。

ペンライトはそれぞれ、チーム「A」「K」「B」「4」。推しメンとは別に、それぞれのチームのキャラクターが好きだったからです。とはいえ、後にこの行動が僕の心を激しく揺り動かすことになるのですが……。

さて、東京ドームライブの前にはイベントで講演をする仕事があったのですが、当然のように頭の中はAKB48のことでいっぱい。講演中もペンライトを取り出して、アイドルがどれだけ素晴らしいか語りまくっていました(笑)。テーマとは全然関係ないのに、楽しく聞いてくれた当時のオーディエンスの皆さんにはとっても感謝しています。

終了後は即、会場へ。残念ながら物販に並ぶ時間はなかったのですが、それでも人生初の東京ドームだけあり、あまりの大きさに圧倒されました。僕が行ったことがあるライブ会場は最大でも大阪城ホール(約1万人収容)だったので、果たしてAKB48がこの巨大空間をどうひとつに盛り上げていくのか、期待に胸が膨らんだのを覚えています。

Tehu

テンションが上がり、思わずドーム前でパシャリ(撮影/Tehu)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18