週プレNEWS TOP ニュース 社会 東浩紀、福島第一原発観光地化計画「“クールジャパン”ではなく“クールフクシマ”を!」

ニュース

東浩紀、福島第一原発観光地化計画「“クールジャパン”ではなく“クールフクシマ”を!」

[2013年11月18日]

東浩紀氏が提唱するフクイチ周辺に“楽しい場所”を作って人を呼び込む試みとは?

昨夏、「福島の原発周辺を観光地化する」という、ある意味で“不謹慎”極まりない計画をブチ上げ、賛否両論の渦を巻き起こした、批評家の東浩紀(あずま・ひろき)

あれから約1年、東は膨大な取材と多分野の知識人との協働を経て、その名も『福島第一原発観光地化計画』なる本を上梓する。そこに込められた、“危険すぎる思想”に迫る!

■不幸な出来事が文化を輝かせる

90年代より思想界の第一線に立ち、現在は自ら立ち上げた出版社「ゲンロン」を経営しながら、作家活動も行なっている東浩紀。そんな彼が、「福島第一原発観光地化計画」(以下、観光地化計画)というアイデアを得たきっかけは、1986年に原発事故を起こした旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリで、観光ツアーが行なわれているという情報を得たことだという。

***

放射線汚染が落ち着いてきた90年代半ば頃から、「ゾーン」と呼ばれる原発周辺区域では、民間の自発的なツアーが行なわれていました。政府も広報機関を設立し、事故から25年後となる2011年の2月に、希望者による「ゾーン」への立ち入りを全面解禁しました(ただし、18歳以上に限る)。

こうしたチェルノブイリ観光や、広島の原爆ドームを訪れることを、「ダークツーリズム」といいます。人類の不幸な歴史の舞台を巡ることで、未来の平和のために学ぶ行為のことです。

僕たちも、今年の春、クラウドファンディング(インターネットを通じた募金)で得た支援金で、8人の取材団を結成し、チェルノブイリ市を訪れました。そこで、原発内部の様子も見ましたが、何に一番驚いたかというと、“今も普通にそこで何千人もの人々が働いている”ということだったんです。事実としては行く前から知っていたはずなのに、やはり頭の中では、原発事故が起きた場所=廃墟というイメージをつくってしまっていた。

今年9月には、福島第一原発(以下、フクイチ)の近くまで行きました。そのときも、正門のギリギリ手前まで巨大な汚染水タンクが連なっている光景を目の当たりにし、驚愕しました。そこで初めて汚染水問題の深刻さが実感できたんです。つまり、情報として知っているだけじゃなく、実際に見ることが重要だという、極めて当たり前の話ですね。僕らの観光地化計画というのは、できるだけ多くの人に、そういう実感を持ってもらうための計画です。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20