週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 3キャリアがそろってガラケー新機種を発表した理由

ニュース

3キャリアがそろってガラケー新機種を発表した理由

[2013年11月18日]

このキーパットじゃないとメールが打ちにくい、という人も多いはず。ガラケーはいまだに“人気機種”だ

秋冬商戦を迎え、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3大キャリアがケータイの新ラインアップを発表。その大半をスマホが占めるなか、実はひっそりとガラケーの新機種も名を連ねていた。

ドコモからは昨年発表したモデルを踏襲した「N-01F」と「P-01F」、auからは「グラティーナ」と「マーベラ」、ソフトバンクからはカラーバリエーションが豊富な「カラーライフ4」と、画質に特化した「プレミアム10」という計6機種である。

3社がそろってガラケーの新機種を発表したのは久しぶりのことである。このスマホ全盛のご時世に、なぜこぞって新ガラケーを発表したのか? 青森公立大学経営経済学部准教授でモバイル研究家の木暮祐一氏はこう解説する。

「スマホでアプリやインターネットを利用するのは電車などの移動中が多いですよね。ですから、メインの移動手段が車という地方在住者には、スマホの必要性はそこまで高くない。地方ではお年寄りに限らず、ガラケーは根強いニーズがあり、スマホが普及したここ数年も、各キャリアは1年に1度くらいは新機種を出しています」

民間調査会社のMM総研(東京都港区)の発表によれば、今年9月末時点でのスマホの総契約件数は5015万件。対してガラケーは6862万件。実はまだまだガラケーユーザーのほうが多数派なのだ。

ガラケー=時代遅れというイメージについて、木暮氏はこう指摘する。

「それこそがキャリアの戦略なんです。パケ放題の基本料金プランは、ガラケーなら高くても4000円から5000円でしたが、スマホだと最低約7000円。要するにユーザーがガラケーからスマホに変えると、キャリア側は大きな増収になるため、なんとしても移行してもらおうとスマホ普及に躍起になっているんです」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017