週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 牛丼業界に新顔が参戦! 東京・新橋で話題の「肉めし」の実力とは?

ニュース

牛丼業界に新顔が参戦! 東京・新橋で話題の「肉めし」の実力とは?

[2013年11月20日]

「新橋 岡むら屋」の「肉めし」(490円)は牛スジ煮込みをご飯にのせて食べるイメージ

すき家、吉野家、松屋が相変わらず熾烈なバトルを繰り広げている牛丼業界。そこに殴り込みをかけた個性派ホープ「新橋 岡むら屋」(東京都港区)が人気を集めている。

同店の主力メニューは、「肉めし」(490円)。牛肉を主体とした具がご飯の上にのる、という点では3大チェーンが提供する牛丼と同じだが、実は見た目も味もレシピもまったく異なる。特製ダレでタマネギ、こんにゃくとともにやわらかく煮込まれた牛角切り肉がゴロゴロ盛られ、さらに、同じタレで煮込まれた4分の1丁分の豆腐が、牛肉に張り合うかのようにデーンと横たわっているのである。

具の材料となる角切り肉は、国産牛(!)の「カッパ」と呼ばれる部位。スジ肉の一種で、そのままではかたいのだが丁寧に下処理をして煮込むと、独特のうまみとコクと食感が出る。そして、タレはカツオや昆布のダシをきかせた醤油ベースに、合わせ味噌、ニンニク、ショウガなどを加え、濃厚で奥行きのある味に仕上げている。さらに、好みで煮込豆腐(1個50円)、生玉子(50円)、ねぎ(50円)をトッピングでき、もちろん、肉やご飯の大盛り(肉はプラス100円、ご飯はプラス80円)も可能だ。

東京・JR新橋駅前に今年3月オープンした同店を、記者が訪れてみた。注文するとすぐに出てきた肉めしは、ビジュアルだけでもかなりのボリューム感。さらに、煮込んだ牛肉と味噌の香りがふわーっと鼻腔をくすぐり、期待感MAXになったところで、いざ実食。

角切り肉は口の中で即座にホロホロトロリととろけ、肉汁とタレの味がじゅわーと舌の上に広がる。うん、牛肉を食ってるぞ、という確かな充実感! お次は豆腐。肉と同じ鍋で煮込まれ、しっかりタレの味が染みている。それでいて淡泊だから、角切り肉と交互に口に運ぶと、いいアクセントに。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18