週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 任天堂“宮本イズム”伝承者たちが語る「ファミコン黄金時代という高い壁、そして新たな黄金時代のつくり方」

任天堂“宮本イズム”伝承者たちが語る「ファミコン黄金時代という高い壁、そして新たな黄金時代のつくり方」

[2014年01月08日]

ファミコン全盛期の人気タイトルを全16本も収録したWii Uの最新ソフト『ファミコンリミックス』を開発した林田宏一氏(左)と鈴井匡伸(右)

ファミコン30周年を迎えた2013年、任天堂が記念イヤーの締めくくりにリリースしたのがWii Uのダウンロードソフト『ファミコンリミックス』だ。

これは『ドンキーコング』や『ゼルダの伝説』『スーパーマリオブラザーズ』といった、1983年から86年、つまり“ファミコン黄金時代”(初期)の大ヒット作16本の名シーンや、それらに現代風のスパイスを加えたものを200ステージ以上(!)遊べるソフトだ。開発者はアラフォーの、まさにファミコン世代のふたり、任天堂東京制作部の林田宏一氏と、ゲームクリエイター集団「インディーズゼロ」を率いる鈴井匡伸氏。

彼らに、宮本茂氏(現・任天堂 専務取締役情報開発本部長)をはじめとするファミコン創設者たちのスゴさ、言い換えればその“高すぎる壁”について、さらに、かつてのファミコン黄金時代は過ぎ去り多様化していくゲーム市場でどう生き残りをかけるかについて、率直に聞いてみた。

***

■いつか“宮本超え!”とか思いますか?

―まず『ファミコンリミックス』の開発経緯を教えてください!

林田宏一(以下、林田) 僕は小学生の頃から秋葉原でゲームのプログラミングをしているような子供だったので、当時のゲームの面白さを今のユーザーに伝えられるものをいつか作りたいと思っていたんです。だから今回のパートナーも、学生時代に宮本のセミナーを一緒に受けた同志である鈴井さんしかいないと思いまして。

鈴井匡伸(以下、鈴井) 林田さんからお話をいただいたとき一気に妄想が広がりました。『スーパーマリオ』の無限1UPはテッパンで入れたし、『ドンキーコング』の世界に(『ゼルダの伝説』の)リンクを登場させる反則ネタも入れたし!

―今回のソフト開発で、ファミコンの面白さを再認識したんじゃないでしょうか?

林田 そうですね。『ファミコンリミックス』では、例えばファミコンゲームの面白さの代名詞であるジャンプの操作感の進化を体験できます。一定の高さと距離しか飛べない『ドンキーコング』から、助走距離でジャンプの飛距離が変わる『マリオブラザーズ』『アイスクライマー』になって、さらにジャンプ中に飛ぶ方向を変えられるようになった『スーパーマリオ』と〝物理的な現実〟を離れて、遊び手としてこうあってほしいという動きに進化しているんですね。そういうゲームの歴史を感じながら遊べるのは、このソフトならではと思います。また、オープニング画面にドット絵をにぎやかに跳ねさせたり、タイトルを年代順に並べたり、ゲーム画面をブラウン管っぽく表示させたりと、ノスタルジック感満載なところも注目していただきたいですね。

鈴井 あと、誰もが遊んだ『スーパーマリオ』も、みんなワープでステージを飛ばしちゃっていたから、1面から8面までの全部はクリアしていなかったりするんですよね。特に7面あたり(笑)。そうしたあまり遊ばれていなかったステージも収録したので、懐かしさだけでなく新鮮さも味わっていただけると思います。


コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】こんな浅川見たことない! 浅川梨奈の最高傑作!

もっと見る

Back Number

  • No.14 Apr 3rd 2017
  • No.13 Mar 27th 2017
  • No.12 Mar 20th 2017
  • No.11 Mar 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊NEW YEAR2017
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.14