週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 『このミステリーがすごい!』大賞受賞・八木圭一「日本の財政赤字は次世代への虐待です」

連載コラム

『このミステリーがすごい!』大賞受賞・八木圭一「日本の財政赤字は次世代への虐待です」

[2014年02月12日]

もともとはジャーナリズムを志していた八木氏が、日本の財政赤字問題に「社会派ミステリー」で迫る

港区の小学校に通う、元副総理の孫が誘拐された。「革命係」を名乗る犯人が、日本政府宛ての犯行声明で要求した身代金はなんと、1085兆円――。『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した『一千兆円の身代金』は、「社会派ミステリー」の王道ど真ん中を突き進む。

本作で作家デビューを果たした八木圭一は、ジャーナリズムを志向した経歴の持ち主だ。己の筆で日本を変える!という心意気は、フィクションに移行した今も変わらなかった。八木氏に聞いた。

―もともとはノンフィクション作家を目指していたそうですね。

「ミステリー作家になるなんて、夢にも思っていませんでした(笑)。大学で財政学の勉強をしたのがきっかけで、日本の財政問題に物申したいことがいっぱいあるぞ、となりまして。就職後も年に1、2回、ノンフィクションの賞に応募していたんです。どうにも結果が出なくて、根本的にやり方を変えなきゃダメなんじゃないかと頭を悩ませていたとき、友人から『同じ題材を、エンタメ小説で書いてみれば?』と言われたんです」

―身代金1085兆円は、2012年度末の財政赤字、国の借金とほぼ同額です。誘拐犯はお金を得るのが目的ではなく、この金額の意味を、メディアを通じて広く世間に知らしめようとします。その行動は、八木さんが小説を志した姿勢とも相通じるような……。

「友人たちからは、『“革命家N”っておまえだよね?』と言われます(笑)。日本の財政問題を学び始めてから、政府に対する憤りが日に日に膨れ上がっていったんですよ。結局、国の借金を払っていかなきゃならないのは僕たちだったり次の世代なんですけれども、一千兆円という額があまりに大きすぎて、現実感がないと思うんですね。

わけがわからないから考えなくていいや、あるいは、なるようになるさ、今までも大丈夫だったんだから、という態度では借金が膨れ上がっていく一方です。この問題を、人ごとではなく、いかに自分事としてとらえてもらうかを、あの手この手を使ってやってみたのがこの小説なんです」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27