週プレNEWS TOP 連載コラム 旅人マリーシャの世界一周紀行 『Blue Hunter』 旅人マリーシャの世界一周紀行:第3回「ワーホリ時代の思い出あふれるシドニーは、バックパッカーにも優しい街」

連載コラム

旅人マリーシャの世界一周紀行:第3回「ワーホリ時代の思い出あふれるシドニーは、バックパッカーにも優しい街」

[2014年02月20日]

海がきれいなことでも有名なオーストラリア。“世界一白い砂浜”ジャービスベイは、キュッキュッと音がする鳴き砂です

グッダイマイト!!

タイ5日間を満喫し、途中シンガポール経由で麺だけ食べてやってきました、オーストラリアは真夏のシドニー。なぜだか今年は涼しいです。やっぱり地球がおかしいのかな。

シドニーといえば世界文化遺産のオペラハウスとか観光名所は多いけど、私は1年間のワーキングホリデー滞在中にひととおり拝んでしまった。だから今回は、現地の友達(ワーホリ延長や留学、永住権を手に入れた日本人ですね)と遊ぶことに。この街には、日本人を含め世界各国からの移民や留学生が多く住む。

2年ぶりのシドニーは、相変わらずかわいいカフェやパブであふれてる。さっそくパブで乾ききった喉を癒そうとすると、「ビール$7」の文字が。タイから来た私には衝撃価格。7倍の値段、ムリー。(注:現在、1$=約92円)

数年前より物価全体が高騰していて、聞けばバブルの状態らしい。物価も高いけど、ローカルのアルバイトの給料も最低賃金が$18(日本円で約1880円)と高いので、そう考えると生活はなんとか成り立つのかな。ワーホリ時代、タイやベトナムやネパールの子とカフェで働いてたけど、皆シドニーで稼いでは故郷にお金を送ってたなー。当時は時給$15(当時のレートで約1200円)だったから、現地物価は高いけど、考えようによっては稼げる国なのね。

犬もくつろぐオシャレパブ

犬もくつろぐオシャレパブ

カフェのほかに、私は当時イタリアンレストランでシェフもしていた。

どうしてもローカルの仕事が欲しかったから、レジメ(いわゆる履歴書)を配り歩いた。バイト募集って書いてないところにも、とにかく手当たり次第。

採用連絡は、ボスが「こいつ雇おっかなー」と思えば電話がくる。毎日緊張して待っていても仕方なく、場合によっては半年後の連絡ってことも。オージー大らかすぎでしょ。

この店にはレジメを3回出した。まずウェイトレスで「こんなリトルガールがピザの大皿3枚一度に運べるのかい?」と落ちて、ピザ職人で「毎日毎日休みなくピザを作るためにシドニーに来たのかい?」と落ちて、なぜか最後にシェフで「そんなにこの店で働きたいのか。キッチン経験はある?」と聞かれ、飲食業経験があったのでひとまず頷いてみた。

そうして、ついにシェフデビュー。背の高いキッチンに届かない私は箱馬に乗りながら大きな野菜を刻み、ピザやパスタ以外のサイドメニューからデザートまですべて担当。

お客さんへのサーブはスピード勝負でキッチンは戦場だったけど、お時給をいただく限りはプロ。慣れない英語で怒鳴られながら、半泣きで一生懸命働きました。とにかくハードで手も荒れたけど、料理も上手になったし、海外に暮らしつつ花嫁修業できたかな(修行ばかりでもらい手いないけど…)。

いきなりの訪問に「また仕事探しに来たのか?」と笑う元職場マネージャーと

いきなりの訪問に「また仕事探しに来たのか?」と笑う元職場マネージャーと


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Feb. 5th 2O18 no.6
  • Jan. 29th 2O18 no.5
  • Jan. 22nd 2018  no.3・4
  • Jan.8th 2O18 no.1・2

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】松川菜々花、モグラ女子の大本命!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.6

クルマ増刊2017

グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018