週プレNEWS TOP 連載コラム 旅人マリーシャの世界一周紀行 『Blue Hunter』 旅人マリーシャの世界一周紀行:第5回「憧れのニューカレドニアは天国そのものでした!」

連載コラム

旅人マリーシャの世界一周紀行:第5回「憧れのニューカレドニアは天国そのものでした!」

[2014年03月07日]

天国のビーチで出会ったフランス語を話す少女たちも、砂に埋まる遊びは一緒w

ボンジュール! 週プレNEWS読者の皆さん、いつも読んでくれてメルシー! 旅に出てはや3週間、トンガから乗り換えのニュージーランドに寄り道した後、ついに来てしまいました!

「天国に一番近い島ってどんな島?」子供の頃から憧れていたニューカレドニア(フランス領)です。

■この旅、初めてのヒッチハイク

「あーまさにこれから天国かー」と夢を膨らませて到着した首都ヌメア。空港近くでは、山火事の黒い煙があがっていて少し不安になる。

到着早々、山火事の黒い煙に不安

到着早々、山火事の黒い煙に不安

資源となるニッケル鉱山のあるこの島は、リゾート客以外の観光業には力を入れていない“高級島”。ユースホステル(1700XPF=約2000円)があるのがせめてもの救いだ。

丘の上にあるユースホステルからはヌメアの街が見渡せる。ステキ!

丘の上にあるユースホステルからはヌメアの街が見渡せる。ステキ!

さっそく市内観光をしようと路線バスでヌメアのビーチへ。ビーチでは、リッチな熟年カップルたちが癒やしのサンセットタイムを満喫中。私もそこにまじって到着記念にビールを一杯。

すっかり優雅な気分にひたったところで、遅くならないうちに戻ろうとバス停に行くと、無情にも本日のバスはすでに終了していた。まだ20時なのに~! のんびりディナーを楽しむ皆さんに囲まれ油断してたけど、彼らは海沿いのリッチホテルに泊まるセレブたちだった…。

こんな高級島でタクシーなんて気軽に乗れないので、ひとまずダウンタウンへとトボトボ歩きはじめた。でも海沿いを過ぎるとお店もなくなり、夜道も暗く心細い。さすがにタクシーに乗ろうとしたが、全然やってこない。

暗い夜の海沿い

暗い夜の海沿い

困った私は、「憧れの国、そして天国に一番近いニューカレドニアなら大丈夫だろう」と根拠のない自信で、この旅初めてのヒッチハイクをすることにした。

やってくる車の雰囲気を目を凝らしてチェック。なるべく女性かファミリーを狙って、最近では「いいね!」に押され気味の、古(いにしえ)から受け継がれた親指を立てるヒッチハイクのフィンガーサインをかざす。

すると、ひとりの女性ドライバーが止まってくれて、こう言った。「さっき夜道を歩くあなたを見て心配になったから、1周回って様子を見に来たの。人種の違う怖い人もいるから夜は出歩かないで。21時はもう遅い時間よ」

眠らない街・東京や24時間のコンビニに慣れている私にとって、21時はなんとも遅いと思えなかったが、ニューカレドニアも決して日本のように治安が良いわけではないと気付かされた。

運よく親切な女性に出会えたからよかったものの、油断した行動で、もしかしたら天国に一番近い島で地獄を見たかもしれなかった。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.45 Nov 6th 2017
    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017