週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 日本のメディアが知らない、プーチン、ウクライナ軍事介入の真実とは?

ニュース

日本のメディアが知らない、プーチン、ウクライナ軍事介入の真実とは?

[2014年03月11日]

人気

ウクライナの首都キエフで、親欧米派市民による「革命」が起こった。しかし直後、同国南部のクリミア自治共和国に、プーチン率いるロシア軍が介入。

余談を許さないウクライナ情勢は、今後どうなるのか? 欧米vsロシアの新たな冷戦が始まるのか? あるいは内戦が勃発するのか?

『プーチン最後の聖戦』『日本自立のためのプーチン最強講義』(集英社インターナショル刊)の著者で、欧米の情報ばかりに頼る日本メディアとは一線を画し、「東側」の視点からも世界を見続けるモスクワ在住の国際関係アナリスト、北野幸伯(きたの・よしのり)氏に、今後のウクライナ状勢について緊急インタビューした。

北野幸伯

■クリミアの革命は、平和な民主革命ではなかった?

――ソチ・オリンピックが成功裏に終わったばかりというのに、なんでまた、プーチンは、新たな東西対立の火種になる「ウクライナ軍事介入」を決断したのでしょう?

「国際的評判を犠牲にしても、軍事介入しなければならない“絶対的”な理由があったからです」

――その理由とは?

「二つあります。

ひとつは、軍事介入を行なったクリミア自治共和国(以下、クリミア)は、人口約200万人のうち60%がロシア人だからです。そして、彼らは、『首都キエフから民族主義者がやってきて、ロシア系住民を虐待、虐殺するのでは?』と恐れているからです。

実際、今回の革命を主導したのは、親欧米の“民主主義者”だけではありません。“右派セクター”という武装民族主義集団があり、地方自治体の建物などを武力占拠しました。そして、ロシア系住民を虐待した例も報告されています。興味があれば、YouTubeに飛んで『right sector Ukraine』で検索してみてください。“平和な民主革命”というイメージが一変すると思います。

ともあれ、クリミアのロシア人は、“民族主義者の襲来”を恐れている。『同胞の安全と生命を守れ!』というのが、ロシア軍事介入の理由です。実際、ロシアの国民のほとんどが、この大義名分と介入を支持しています。

もうひとつ、クリミアには、ウクライナから許可を得て、ロシア黒海艦隊が駐留していることです。

ロシアとウクライナの協定では、2042年まで駐留できることになっている。しかし、親欧米の新政権は、ロシアが黙っていれば、黒海艦隊を追い出すでしょう。そして、その後には必ず米海軍がやってきます。これはロシアの安全保障上、最高レベルの脅威なので、放置できなかったのです」


馬場ふみか2018カレンダーブック 10月18日(水)発売予定!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.41 Oct 9th 2017
    • No.39-40 Oct 2nd 2017
    • No.38 Sep 18th 2017
    • No.37 Sep 11th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】大原優乃 大反響! 元Dream5メンバーの王道グラビア

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.41