週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 SMマニア、頭蓋骨フェチ…現役医師が描く医師の“嗤(わら)える”実態とは?

連載コラム

SMマニア、頭蓋骨フェチ…現役医師が描く医師の“嗤(わら)える”実態とは?

[2014年04月01日]

「ここに登場する医師はどれも、私自身の分身かもしれません」と笑う久坂部羊氏

患者にも自分にも厳しい天才外科医、人の頭蓋骨に並外れたフェティシズムを覚える医学部職員、相手の嘘を見抜く特殊能力を備えた内科医……など。医療の現場には、多種多様な個性が繚乱(りょうらん)する。

現役医師でもある久坂部羊(くさかべ・よう)氏が、自身初となる短編集形式『嗤(わら)う名医』で、時におかしく、時に怖い医師の実態をリアリティ豊かに活写する! 久坂部氏に聞いた。

―医療小説は数あれど、さすが現役医師の方が書かれただけに、専門的な知識が随所にそつなく盛り込まれていますね。

「それこそが自分にとって最大のセールスポイントですからね。ただ、医療用語というのは諸刃(もろは)の剣でもあると思っています。どうしても小難しくなりがちなので、わかりやすく盛り込むよう心がけているつもりです」

―SMマニアや頭蓋骨フェチなど、実に多彩な医師たちが登場しますが、実際に医師というのは個性的な人が多いのでしょうか。

「というより、ここに登場する医師はどれも、私自身の分身と言ったほうがいいかもしれません(笑)。私の中に存在している潜在的な欲求や不満を、切り分けて大げさに表現するとこういう医師になるんです。

医師だって皆、日々の業務の中でさまざまなストレスを抱えているわけですが、それを患者の前で露(あらわ)にするわけにはいきません。今回の収録作『名医の微笑』には、SMショーでストレスを発散する医師が登場しますが、こういう発散法を持っていると有効だろうなと思うんですよ。……私自身にはそういう趣味はありませんが(笑)」

―患者からのしつこいクレームに対し、内心で「お願いだから裁判にしてくれ」とぼやく医師の姿などは、非常にリアルですよね。

「実際にそう思ったことのある医師は多いと思いますよ。自分に100パーセント非があるわけではないのに、医療ミスだのなんだのと責め立てられるなら、司法に委ねてしまったほうがこちらも楽ですからね」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018