週プレNEWS TOP ニュース レジャー ゲーセン初、話題の基本プレイ無料ゲームは夕方6時以降が狙い目!

ニュース

ゲーセン初、話題の基本プレイ無料ゲームは夕方6時以降が狙い目!

[2014年04月02日]

オススメ

同じ色のぷよぷよを4つ以上そろえて消すという内容。同じゲーセンにいる仲間、全国のプレイヤーと協力することも可能だ

かつてゲームセンターは若者の聖地だった。

古くは『スペースインベーダー』(1978年)に始まり、『ストリートファイターII』『電車でGO!』『プリント倶楽部』『UFOキャッチャー』など数々のヒット作を生み出し、独自のカルチャーを育んできた。

しかし、2000年代に入ってから、状況が一変する。

主な要因は、家庭用据え置きゲーム機の高性能化、ネットを介したゲームやスマホの登場だ。

日本アミューズメント産業協会の調査によると、ゲーセンの市場規模は2006年度の7029億円をピークに、12年度は4700億円まで縮小。また、警察庁の「警察白書」によると、86年に全国で約2万7000店舗あったゲームセンターが、昨年には約6000店舗と減少の一途をたどっている。

さらに4月からの増税の影響で、維持費負担が大きくのしかかり、今後、閉店に追い込まれる店舗も増えそうだという。

そんなゲーセンの苦境を打開しようと名乗りを上げたのが、ゲームメーカーのセガだ。

国民的パズルゲームとして、世代・性別問わず人気の『ぷよぷよ』シリーズのアーケード版最新作『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』を、なんと、業界初の「基本プレイ無料」ゲームとして昨年11月より各地のゲーセンに設置。人気を博しているのだ。

基本プレイ無料のシステムを導入した理由を、セガの担当者に聞いた。

「いつのまにか高くなってしまっていたゲームセンターの敷居を下げたい、遊びに来たことがない人でもすぐに楽しめるゲームを作りたいと考えたのがきっかけです。そこで、誰でも気軽に楽しめるパズルというジャンルで、なおかつセガのIP(知的財産)の中でも認知度の高い『ぷよぷよ』がいいのではないかという社内の声のもと、開発を進めてきました」(セガ・アミューズメント事業統括本部AMプロモーション部の田中宏幸氏)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27