週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 萌える人が急増中の“人外娘”ってなに?

ニュース

萌える人が急増中の“人外娘”ってなに?

[2014年04月10日]

突然だが、「人外娘(じんがいむすめ)」あるいは「モンスター娘」と呼ばれる美少女(?)たちをご存知だろうか? 実はいま、この“人間ではない美少女”に萌える人が急増中なのだ。

シーンを牽引するのは2012年に『月刊COMICリュウ』(徳間書店)で連載がスタートした『モンスター娘のいる日常』(以下、『モン娘』)。現在、コミックが5巻まで発売されており、その売り上げ部数は、なんと累計100万部だ。

その人気は国内だけにとどまらず、昨年10月に出版された英語版の1巻は『ニューヨーク・タイムズ』紙の日本のマンガランキングで2週連続の1位を獲得。しかも、それまでトップに立っていたのはなんと『進撃の巨人』! あの人気作を引きずり下ろし、その後、6週にわたってベスト10内をキープするという快挙を成し遂げたのだ。

もちろん、人気作は『モン娘』だけではない。先月中旬には『セントールの悩み』『ヒトミ先生の保健室』『深海魚のアンコさん』といった、人外娘が登場するコミック最新刊がほぼ同時に発売され、秋葉原や一部の書店はちょっとした人外娘祭り状態になっている。

古くは『うる星やつら』のラムちゃん(宇宙人)や猫耳キャラなども人ではないが、マンガに詳しいライターの小林聖(あきら)氏によると、「今はもっと見た目からわかりやすく人間じゃないものを人外娘と呼ぶ傾向にあります」という。

しかし、容姿が普通の人間から離れれば離れるほど、恋愛の対象からも離れていくように思えるのだが……。人外娘に萌える、その理由はなんなのだろう。小林氏が続ける。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18