週プレNEWS TOP 連載コラム 古賀政経塾!! 経済産業省・元幹部官僚、古賀茂明「みんなの党・渡辺代表辞任で笑う人、泣く人」

連載コラム

経済産業省・元幹部官僚、古賀茂明「みんなの党・渡辺代表辞任で笑う人、泣く人」

[2014年04月16日]

「維新の会」は連携を模索中。一方、「結いの党」……は? 古賀茂明氏が占う!

政治資金の不正疑惑により、「みんなの党」の渡辺喜美(よしみ)代表が辞任することになった。かつては有力野党だった同党も渡辺氏の辞任劇によって支持率を大きく下げている。

そして、そんななかでほかの野党たちはどのような動きを見せるのか。混迷する野党再編の行方を、経済産業省の元・幹部官僚、古賀茂明氏が占う!

■渡辺喜美氏の「復活のシナリオ」

化粧品会社会長から8億円を借り入れた問題で、4月7日、みんなの党の渡辺喜美代表が辞任した。 渡辺氏は借入金はすべて個人の借金であり、未返済の5億5000万円も全額返済したとして、「法的にはまったく問題ない」と釈明しているが、受けたダメージは計り知れない。

早期に代表を辞任することによって金銭スキャンダルを収束させ、政治的影響力を温存しよう――それが渡辺氏の計算なのだろうが、周囲の目は厳しい。仮に政治的影響力を行使できたとしても、その途端に、世間からも党内からも批判が再び噴出する。さすがの渡辺氏もしばらくは表舞台での活躍は望めないだろう。

もしそのチャンスが巡ってくるとすれば、次の国政選挙後である。今回の辞任劇で、みんなの党の支持率はガタ落ちとなった。来春の統一地方選挙、そして3年以内に行なわれる国政選挙で、みんなの党が大敗する確率は高く、そのとき、難局を打開できる強力なリーダーはそうそう見つからない。そこで「渡辺喜美待望論」が高まり、復活を遂げるというシナリオだ。

渡辺氏もそのあたりを見越して、「みんなの党と安倍政権の政策は近い。新代表は安倍政権との協力関係を継続してほしい」と、会見でわざわざ発言している。集団的自衛権の行使容認を目指す安倍・自民に、今後とも力を貸す用意があると伝えることによって、これからは表舞台ではなく、もっぱら水面下で与党との裏パイプ役を務めると、アピールしたのだろう。

ただ、次の国政選挙までみんなの党は存続しているのだろうか? 何しろ、みんなの党の議員の大半は、渡辺人気の風に乗って当選した人たちだ。自力当選できそうなのは、浅尾幹事長と東京地方区を勝ち抜いた松田公太参院議員など、ごくひと握り。その不安につけ込まれて、ひとり、ふたりとほかの有力政党に引き抜かれる議員が現れ、みんなの党は“草刈り場”になってしまう可能性が高い。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017
  • No.45 Nov 6th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48