週プレNEWS TOP ニュース スポーツ WWEに復帰した“超人”ハルク・ホーガンが、「猪木舌出し失神事件」の真相を語った!!

ニュース

WWEに復帰した“超人”ハルク・ホーガンが、「猪木舌出し失神事件」の真相を語った!!

[2014年08月21日]

還暦を過ぎたが、肉体の迫力、オーラともに衰えを知らない“超人”

“超人”ハルク・ホーガンが先月、久々に来日し、WWE日本ツアーの大会ホストとしてリングに上がった。還暦を迎えたが、200センチ、137キロの肉体は相変わらずのド迫力! 1980年代、新日本プロレスにおけるアントニオ猪木との歴史的一戦や“大巨人”の衝撃秘話、そして、自身の復帰への思いを語った!!

――ホーガンさんは今年2月、WWEに復帰されましたが、それ以前は何をやっていたんですか?

ホーガン TNAという団体に4年いたよ。ほかには、フロリダ州タンパでレストランやバーを出店している。タンパで開催したビーチパーティには4000人の客が集まったんだぜ。

――4000人とはすごいですね! 先日のWWE日本ツアーでは大会ホストとして登場しましたが、選手としてのカムバックは?

ホーガン 俺ももう60歳になったけど、このくらいの年齢でリングに上がっていたレスラーはたくさんいるだろ? ルー・テーズだってリック・フレアーだってそうだったじゃないか。俺は過去に背中の手術を9回もして、これからまたメキシコでヒジの手術をしないといけないんだけど、それが無事に終わればカムバックして(現WWE世界ヘビー級王者の)ジョン・シナを破ってチャンピオンに返り咲くかもしれないぜ! 俺はレスリングが大好きなんだ。日本でもまたファイトしたいね。

――ぜひ観たいです! ホーガンさんの日本での試合といえば、アントニオ猪木との激闘が思い出されます。

ホーガン 猪木は誰からもリスペクトされていたよ。ファンからも若手レスラーからも。俺も猪木からはいろんなことを学んだ。例えば、ケガや病気を抱えていても試合を休まないこと。猪木はケガをしていても何も言わずにリングに上がっていたよ。あの集中力はすごかったね。

――「第1回IWGP」決勝での猪木戦(1983年6月2日、蔵前国技館)を覚えていますか?

ホーガン もちろん! IWGPのベルトを最初に巻いたのはこの俺さ。豪華なベルトだった。黄金でダイヤモンドが輝いていた。IWGP決勝の注目度は高かったね。実はあの試合の前日、俺が泊まっていたホテルの部屋に猪木から電話があったんだ(ニヤリ)。

――え? 試合の前日に?

ホーガン ああ、猪木が言うんだ。「ミスター・ホーガン、明日の試合、俺はケンカマッチを仕掛けるから」って。

――ホントですか!?(汗)

ホーガン だから俺はその言葉に従って、エプロンサイドに立つ猪木におもいきりアックスボンバーを見舞ってやったのさ。

――リング下に落下した猪木さんは頭を打ち失神。窒息防止のためセコンドが猪木さんの舌を引っ張り出すという結末で、「猪木舌出し失神事件」として語り継がれる衝撃のKOでしたね。

ホーガン あのとき、猪木の心臓がストップしていると聞いて、ホントにビックリした。思わずチビリそうになったよ。ドクターがリング上で猪木に蘇生措置を施すのを見て、さらに驚いたことを覚えている。

――結果として猪木さんは入院。長期欠場を余儀なくされました。

ホーガン 猪木はライバルだったけど、友人でもあったから心配したよ。ホテルに猪木のファンから「ホーガンを殺してやる!」なんて電話もあってね、翌日はホテルを変えることになったんだ。でも、俺は最初から猪木を病院送りにしてやろうなんて考えていないさ。たまたま当たり所が悪かったんだ。


キン肉マン超人総選挙2017告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.27 Jul 3rd 2017
  • No.26 Jun 26th 2017
  • No.25 Jun 19th 2017
  • No.24 Jun 12th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.27