週プレNEWS TOP 連載コラム 逆に教えて!! 加藤嘉一「ビザ遅延問題への大使館員の対応に、アメリカの“強者の論理”を見ました!」

連載コラム

加藤嘉一「ビザ遅延問題への大使館員の対応に、アメリカの“強者の論理”を見ました!」

[2014年09月08日]

この夏、アメリカ国務省のビザシステムに異常が発生し、世界中で影響が出ました。大使館と交渉する過程で感じた、アメリカという国の“素顔”をご紹介します。

今年の夏は、ぼくにとってかつてないほどトラブル続きで、スリリングな熱い季節となりました。

7月上旬、羽田空港から北京空港へ向かう飛行機内で財布を盗まれました。かつて本コラムでも紹介した、約2年半前にイタリアのローマで買ったブルガリの財布。人生初のブランド品でした。

機内での状況を再現します。ぼくの横には夫婦と思しき男女(推定32歳前後)が座り、チラチラこちらを見ていた。ぼくは席で財布を整理するなど、睡眠不足で意識が朦朧(もうろう)としていたとはいえ、あまりに無防備すぎた。財布をカバンに入れて足元へ置き、トイレへ行くと、女性も席を立った。席に戻り、着陸後に飛行機を降りてカバンを開けたら、財布はなかった。

今思えば、女性はトイレの個室には入らず、ぼくの見張り役として席を立ったのでしょう。盗られたのはあの数分間以外に考えられない。財布の中には現金やクレジットカードだけでなく、ハーバード大学や北京大学アラムナイ(同窓会)のIDなども入っていたこともあり、北京到着後、一応公安へ盗難届を出しました。公安の担当者によれば、こうした機内での盗難事件は、特に中国の国内線でしばしば発生するそうです。

腹立たしいのは自分のうかつさ、危機管理意識のなさです。戒(いまし)めとして、ぼくは今後5年間、財布を買わないと決めました。当分はお札と小銭を直接ポケットに入れて持ち歩きます。結局、ぼくはブランド品と相性が悪いということでしょう。

7月末にも事件が起きてしまう。今度はブルガリどころではない、ぼくにとって死活問題に直結するトラブルです。

ぼくは9月からジョンズ・ホプキンス大学で働くにあたり、北京のアメリカ大使館へビザを申請し、パスポートを提出していました。面接や書類手続きは順調に進み、発給を待つのみでしたが、米国務省のビザシステムに技術的な問題が生じ、発給が遅延していると発表されたのです。後で聞いたところ原因はハッキングのようですが、ぼくのビザも予定日に発給されませんでした。

今回、中国に滞在できるのは2週間まで。それを超えると「不法滞在」の記録が残ってしまう。今後の中国での活動に支障をきたすことだけは避けなければならない。そこで、パスポートを返してもらうためにアメリカへのビザ申請をいったん取り消そうとしたのですが、そうすると今度は「アメリカ合衆国からビザ申請を拒否された」との記録が残ってしまうという。ぼくの現在の本拠地はアメリカですから、これもまた足枷(あしかせ)になってしまいます。


キン肉マン超人総選挙2017告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.27 Jul 3rd 2017
  • No.26 Jun 26th 2017
  • No.25 Jun 19th 2017
  • No.24 Jun 12th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.27