週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 ツイッターで話題沸騰! ピン芸人が描く日常系シュール1コマ漫画『山崎シゲル』って? 

連載コラム

ツイッターで話題沸騰! ピン芸人が描く日常系シュール1コマ漫画『山崎シゲル』って? 

[2014年09月09日]

「たくさんの人が笑うネタをやるか、スベってもいいから尖ったネタをやるか。僕は後者だった」と語る田中光氏

ツイッターで話題沸騰の1コママンガ『サラリーマン山崎シゲル』が単行本になった。破天荒サラリーマン山崎シゲルが、温厚な部長相手に繰り広げるシュールな日常に思わずクセになる人が続出中! 女優の二階堂ふみにリツイートされたことがきっかけで人気に火がついた話題作だ。

いったい、どんなギャグマンガ家が描いているのかと思ったら、なんと著者はお笑い芸人。時にピン芸人・タナカダファミリアとして活動する田中光氏にお話を伺った。

―芸歴13年とお聞きしました。

田中 高校を卒業して美大に入ったんですが、1回生のときに保育園からの幼なじみに誘われて、大阪吉本のNSCに入りました。baseよしもとという劇場で活動していたのですが、まったく売れなくて。30歳になる頃、相方が芸人を辞めると言い出して一緒に辞めたんですけど、ほかの芸人とトリオを結成してお笑いを続けたんです。

―そのタイミングで東京に進出されたんですね。

田中 どうせなら白黒つけようと思いまして。大阪にいるとなんとなく“売れた感”があるんです。特に吉本だと劇場に固定客がいるので、そこまで売れてなくても、ファンがついて売れた気がするんです。

―ピンではどのようなネタを?

田中 13年の芸歴の中で、特に力を入れてきたのが大喜利です。大喜利には自信がありますし、何より好きだったので、それを生かしたフリップ芸をやっています。『サラリーマン山崎シゲル』も大喜利だと思って描いています。

―大喜利が得意な田中さんならではの発想ですね。

田中 美大を出てそのままマンガを描いていたら、『サラリーマン 山崎シゲル』はできてなかったと思います。毎回「こんな部下はいやだ」っていうお題で大喜利をしながら絵を描いています。

二階堂ふみにリツイートされたネタ

二階堂ふみにリツイートされたネタ


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10