週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 敗者に笑顔あり! 高校軟式野球“延長50回”の伝説、崇徳・石岡樹輝弥君に独占ロングインタビュー「自己中だから投げられた…」

ニュース

敗者に笑顔あり! 高校軟式野球“延長50回”の伝説、崇徳・石岡樹輝弥君に独占ロングインタビュー「自己中だから投げられた…」

[2014年09月13日]

自己中で負けず嫌いの目立ちたがりという石岡君だが、この華奢な体で50回を投げ切るとは!

4日間、10時間18分、1398球ーー先月31日に決着を見た第59回全国軟式野球選手権大会、準決勝の中京(岐阜)-崇徳(広島)戦は球史に残る名勝負として記憶されるものとなった。

スコアボードに延々並んだ0。両投手が全イニングを投げ切った、ありえない展開。延長50回に中京が得点し、死闘にピリオドが打たれた前代未聞の試合は、異例の注目を浴び、感動を呼んだ。

勝った中京はそのまま優勝、最後のマウンドには「途中、記憶がなくて…」と語ったエース・松井大河が立っていた。そして、その応援席には敗れるも決勝戦を見守った崇徳野球部員と準決勝全50回を投げ合った石岡樹輝弥(じゅきや)の姿があった。

誰も経験したことのない、その“境地”。だが、勝者と敗者で見えた光景はいかに違ったのかーー。

「伝説」「奇跡」と語り継がれるであろう、その4日間を本人に直撃。松井君に続いて、全インタビュー“9イニング”ロングランで完全収録!

 *  *  *

-あの試合から10日(取材は9月10日)、振り返ってみて、率直な気持ちを教えてください。

石岡 1週間くらい疲れがとれませんでしたが、今はだいぶ楽になりました。練習も昨日から始めました。

-西中国ブロックの代表として全国大会に出場、中京に当たる前の初戦、第2戦は?

石岡 初戦は7回まで自分が投げて、8回からは背番号1の重松君が投げたんです。先制点を取られたんですが、そのあと自分のヒットと4番のヒットで同点、8回にも1点取って逆転勝ち。9回で終わりました。

-実は、石岡君は背番号6で投手のほかショートも守る。エースは背番号1の重松君だった?

石岡 いや、うちのチームは僕と重松君の2枚看板です。

-では、先発したものの同点の7回で交代したのは?

石岡 投げてたら、4回くらいから人さし指の先に血豆ができてきて。やばいなと思ってたら、案の定、コントロールが曖昧(あいまい)になってきて、球もキレがなくなったんです。交代して、すぐの守備でボールを投げた時、その影響で血豆がつぶれて、指先を見たら血も出ていて「あっ~やってしまった。もう投げれないかも」って思いました。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27