週プレNEWS TOP ニュース 社会 避難所には入れない! 首都圏直下型地震発生から2週間を生き延びる“サバイバルBOX”

ニュース

避難所には入れない! 首都圏直下型地震発生から2週間を生き延びる“サバイバルBOX”

[2014年09月15日]

東日本大震災から3年半が経ち、今すぐにでも起きる可能性があるといわれる「首都直下型地震」。

すべてのライフラインがストップし、建物の倒壊や木造家屋の密集地帯を中心に大規模火災が発生することが予想される中、防衛省によると一週間内に10万人から11万人規模の自衛隊員動員を想定しているという。

だが、火災や倒壊でインフラが壊滅状態、瓦礫や車両で渋滞する道路状況では、いかに自衛隊の装備でも救援物資が2週間近く届かない可能性もあるのだ。

発生直後に約300万人(都内では約150万人)とされる避難民は、その後の断水、停電などで2週間後には約720万人(都内では約330万人)もが自宅生活困難となり、避難生活を余儀なくされる。だが、東京都区部の学校など指定避難所に収容可能な人数はわずか約221万人。しかも、高齢者や幼児がいる家庭が優先されるため若者や独身者は後回しにされる確率が高い。

もっとも、過密な避難所生活も苛酷の極みとなるのは間違いない。家屋までたどり着き無事で生活ができるなら、そこで暮らすのが理想だ。

しかし、ライフラインが失われれば、そうとも言っていられない。生き延びるためには、何をどのくらいの量、備蓄しておけばいいのかーー。

目安は「最低でも1週間分」というのが防災専門家の一致した意見だ。1週間後には全国から救援物資が届くとみられるためだが、先述の理由に加え、東京湾岸の石油コンビナートで炎上が続いている可能性もあり、物資を陸揚げできない状態が続くことを考えると、やはり2週間分は用意しておきたい。

そこで、独身男性ひとりが2週間生き延びるため必要なものを紹介しよう。大きく「食料」「燃料」、そして下着や薬など「衛生用品」も欠かせない。飲料水以外は大きめのコンテナボックスに入れておけば、部屋に置いておいても日常生活の邪魔になることはないだろう。

何より重要なのは飲料水の確保だ。飲み水は最低一日1Lは必要だろう。ただし、調理や食器洗い、洗濯用にさらに一日約1、2L程度欲しいので、本当は2L6本入りが2箱はあったほうがいい。自衛隊の給水車が来たときのために、折り畳めるポリタンクも用意しておこう。それまでは備蓄のペットボトルでしのぐしかない。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Feb. 5th 2O18 no.6
  • Jan. 29th 2O18 no.5
  • Jan. 22nd 2018  no.3・4
  • Jan.8th 2O18 no.1・2

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】松川菜々花、モグラ女子の大本命!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.5

クルマ増刊2017

グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018