週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 錦織、全米決勝の裏でユニクロvs中国“金満アパレル”の対決が勃発していた! 

ニュース

錦織、全米決勝の裏でユニクロvs中国“金満アパレル”の対決が勃発していた! 

[2014年09月17日]

テニスの全米オープン決勝は、マリン・チリッチ(クロアチア)が錦織圭(にしこり・けい)を下して、幕を閉じた。実はこの決勝、ともにグランドスラム大会初優勝をかけた一戦としてはもちろん、一部では「日中アパレル対決」としても注目を集めていた。錦織のユニクロに対し、チリッチは中国のスポーツ用品メーカーである「リーニン」のウエアに身を包んでいたのだ。

日本ではまったくなじみのないこのリーニン、一体どんなメーカーなのか?

同社は1990年に、84年ロサンゼルス五輪の金メダリストである中国の元体操選手・李寧(りねい)によって創業された。リーニンとは、李寧の中国語読み。そして、ロゴマークは彼の名字の頭文字の「L」をデザイン化したものだという。

海外のスポーツブランドに詳しい大手商社社員A氏が語る。

「あのロゴはナイキのパクリだといわれていて、中国人でさえ誰もがそう思っています(笑)。というのも、李寧会長(現在の役職)が、会社設立当初からナイキのようなスポーツ用品メーカーになることが目標だと、半ば公然と語っていたからです」

その意気込みどおり、巨大な国内市場と中国の経済成長を追い風に、同社は国内最大のスポーツブランドへと成長した。

そして、リーニンといえば忘れてはならないのが、2008年北京五輪の開会式。聖火リレーの最終ランナーとして宙を飛び、聖火台に点灯した地味なおっさんを覚えているだろうか?

「彼こそが李寧会長です。北京五輪公式スポンサーの契約をアディダスに取られたリーニンは、会長の中国スポーツ界へのコネを駆使し、開会式最大の見せ場に李寧自らが露出するという裏ワザで世界へ自社をアピールしたのです」(A氏)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20