週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 愛がない? 歴史的スタートを切った電気自動車「フォーミュラE」のテレビ中継がヒドすぎる!

ニュース

愛がない? 歴史的スタートを切った電気自動車「フォーミュラE」のテレビ中継がヒドすぎる!

[2014年09月23日]

電気自動車による初のフォーミュラカーレースが北京で開催! もちろん、F1のような鼓膜の奥まで響くエンジン音もなければ、排ガスもゼロ。新しいカテゴリーのレースとして注目を集めるが、果たしてこれが未来のレースの形といえるのか……?

■最終ラップで、「はい、サヨウナラ」

9月13日、中国・北京で歴史的なスタートを切った、電気自動車(EV)による世界初のフォーミュラカー選手権「フォーミュラE」。その開幕戦を地上波のテレビ朝日で観ながら、思わず腰が抜けそうになった。

ひどい、あまりにもひどすぎる……。いや、フォーミュラEのコトではない。レース以前の問題として、テレビ朝日によるフォーミュラE中継の想像を絶する出来の悪さに、「ボー然」とするしかなかったのだ。

国内では、F1の地上波中継すらなくなってしまったこのご時世に、テレビ朝日がフォーミュラEを全戦、それも地上波で中継するというのは画期的なコトだと期待もしていた。

しかし、フタを開けてみれば、冒頭から表面的で中身のない盛り上げ演出満載だった。

アイルトン・セナの甥っ子ブルーノ・セナと、アラン・プロストの息子ニコラス・プロストの参戦を「伝説のセナ・プロ対決再び」と無理やり持ち上げたり、日本チームとしての実体などないアムリン・アグリチームにエグゼクティブ・チェアマンとして起用された鈴木亜久里(あぐり)の存在や、佐藤琢磨(たくま)の参戦をやたらと強調していたのだ。

「モータースポーツに詳しくない一般の人々の関心を引くため」のそうした演出は、ある程度覚悟していた。

だが、肝心のレース中継といえば予選順位のマトモな紹介すらなく、実況アナウンサーは誰がどのマシンに乗っているのかもあいまいな様子で、レース展開についてもほとんど追えていないのではないかと感じてしまうほどのオソマツさだった。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27