週プレNEWS TOP ニュース スポーツ セクハラ、暴力も当たり前? 女子サッカー界を蝕むトンデモ指導者は彼だけじゃない!

ニュース

セクハラ、暴力も当たり前? 女子サッカー界を蝕むトンデモ指導者は彼だけじゃない!

[2014年09月24日]

女子サッカー「なでしこリーグ」のジェフ市原・千葉レディース(千葉レディース)は9月12日、所属選手に重大なセクハラ行為を行なったとして、上村崇士(うえむら・たかし)総監督を解任した。

クラブ側の発表によると、上村氏は今年に入ってから複数回、酔った状態で「指導のため」と選手を呼び出し、ふたりきりの状態で腰に手を回したり、選手を不快にさせる発言をするなどしたという。

1973年生まれの上村氏は現役時代、FWとして横浜フリューゲルス(当時)、ヴィッセル神戸などでプレーし、2002年の引退後に指導者に転身。05年から06年、08年から13年までの2度にわたって千葉レディースの監督を務め、今季から総監督に就いていた。

スポーツ紙女子サッカー担当記者のA氏が語る。

「監督時代の上村氏は、試合での采配には時々疑問を感じさせたものの、選手たちには総じて慕われていました。以前の千葉レディースにはプロ制度がなく、今でも練習環境はお粗末なのですが、それでも毎年、他チームから選手が移籍してきていたのは上村氏のオープンで包容力のある人柄によるところが大でした。試合に出られない、あるいはケガでリハビリ中のプレーヤーも細かくケアしていましたし」

その一方で、厳格な面も。

「なでしこジャパンが11年に女子W杯を制覇した直後のリーグ戦で当時、千葉レディース所属だった丸山桂里奈(かりな/現・スペランツァFC大阪高槻)が、前日のチーム集合時間に遅刻したのです。すると上村氏は容赦なく、彼女を試合のスタメンから外しました。代表選手といえども規律を乱す行為は許さない、という毅然(きぜん)とした態度には感心したものです。だから、セクハラについての発表があったとき、『まさか彼が?』と驚いたメディア関係者も少なくなかったんですよ」(A氏)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10