週プレNEWS TOP ニュース エンタメ なぜ“ウルトラマン”は愛され続けているのか? 「初代マンの中の人」古谷敏に直撃!

ニュース

なぜ“ウルトラマン”は愛され続けているのか? 「初代マンの中の人」古谷敏に直撃!

[2014年10月14日]

初代ウルトラマンの中の人・古谷敏さんが明かす撮影秘話、そしてウルトラマンが愛され続ける理由

「創刊48周年の若者雑誌」という存在の矛盾(笑)を抱える「週刊プレイボーイ」が、さらなる歴史を築いていくため、同じ「1966年生まれ」の「ウルトラマン」に聞いた。「愛され続ける理由」はなんですか――?

***

交差点の向こう側に、ウルトラマンが立っていたーー。

ウソじゃない。取材の待ち合わせ場所を、集英社ビルのそばの交差点にしていたのだが、遠目にもその人が“ウルトラマン”だと、すぐにわかった。

「そう見えてしまうのは仕方ないんですよ。ウルトラマンのスーツは私の体の寸法に合わせて作られましたし、マスクも私のライフマスク(顔からとった石膏型)を基に製作されたから。

そういえば昨年10月、ウルトラマンのブルーレイBOXの発売イベントのときに、ファンの皆さんには内緒で、47年ぶりにウルトラマンのスーツを着て現れたんですよ。でも、皆さんは瞬時に、中にいるのは私だと気づいたようです。なんでも、お尻の形が変わってなかったそうで(笑)」

その人の名は、古谷敏(さとし)

テレビ特撮番組のパイオニア『ウルトラQ』で、ケムール人とラゴンを絶妙に演じたこと、そして何より、その日本人離れしたスタイルの良さ、手足の長さによって、“ウルトラマンの中に入る人”として、ご指名されてしまったのだ。そのとき22歳。

「当時、円谷プロの美術デザイナーだった成田亨(とおる)さんから、おまえが中に入ってくれなきゃ困ると口説かれて。だけど私はいやで、何度もお断りしたんですよ。これでもメロドラマの主役を演じたくて東宝に入社して、役者たるもの顔を見せて演じてナンボだと思っていましたから。それに、特撮番組も黎明(れいめい)期だったので、着ぐるみに入る役者さんたちの待遇もよくなかったんですね。暑苦しい着ぐるみにずっと入っているのに、休憩の際に椅子も用意されていなかった。

それでも、円谷プロのスタッフたちから熱心に説得され、私もだんだんテレビという新しいジャンルの現場に触れてみるのも悪くないかと思ったんです。だけど、それが大失敗で(笑)。ウルトラマンの中に入った瞬間、これはとんでもないことになりそうだと後悔しました」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.22

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018