週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 中ロが共同で日本海に巨大港建設、米軍が守ってくれない自衛隊は戦力を2倍にできるのか?

ニュース

中ロが共同で日本海に巨大港建設、米軍が守ってくれない自衛隊は戦力を2倍にできるのか?

[2014年10月29日]

東シナ海、南シナ海に続き、中国がいよいよ日本海へ進出しようとしている!

ロシアの『ノーボスチ通信電子版』および中国の『人民日報電子版』によると、ロシアと中国は日本海沿岸の中・ロ・北朝鮮の国境付近(ロシア領内)に、年間6000万tもの貨物を扱う北東アジア最大の港を共同建設することで合意した。

報道内容から推測すると、場所はかつての満州国とソ連の国境付近に位置するポシェット湾と見て間違いない。この港の建設にはどんな意味があるのだろうか?

まずロシア側の事情について、在米の国防戦略コンサルタント・北村淳(じゅん)氏はこう分析する。

「ロシアは近い将来、対米海軍の圧力として各種潜水艦戦力を復活させるとみられていますが、その配備先は日本海ではなく、カムチャツカ半島になるはず。日本海の港に関しては、軍事的理由より経済的理由のほうが大きいと思われます。ポシェット湾に巨大な不凍港を手にすれば、シベリアから出る石油、天然ガスなどの輸出が非常に便利になりますからね」

一方、中国のほうはもう少し話が複雑だ。

現在、中国は朝鮮半島より西側にしか大規模な港湾拠点を保有していない。貿易船や漁業船にしろ、海軍艦艇にしろ北太平洋や北米までの最短航路となる「日本海ルート」を通るには、対馬(つしま)と津軽というふたつの海峡を通過する必要がある。

しかし、もし朝鮮半島より東側のポシェット湾に巨大な港を確保できた場合、津軽海峡さえ通過すれば、そこは太平洋、そして北米への最短ルート。中国の海洋戦略は非常に柔軟なものになるのだ。

しかも、中国にはこの「日本海ルート」の確保を急がなければならない理由がある。これまで強引な手法で覇権の確保を進めてきた南シナ海で、沿岸諸国による“中国包囲網”が敷かれ始めているからだ。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!