週プレNEWS TOP 連載コラム "本"人襲撃 『闇金ウシジマくん』のモデルが今明かす、“闇金のリアル”とお金のこと

連載コラム

『闇金ウシジマくん』のモデルが今明かす、“闇金のリアル”とお金のこと

[2014年11月11日]

多くの闇金利用者と接してきたトキタ氏。「こっちは真剣に客と向き合っているから、“あ、この人そろそろ死ぬな”と察してしまうこともある」という

人気コミック『闇金ウシジマくん』の主人公にはモデルが存在していた――。このほど、高利貸しの世界で体験したエピソードを生々しく書き上げ、『闇金ウシジマくん』モデルが語る 路地裏拝金エレジー」を上梓(じょうし)したトキタセイジ氏。今だから明かせる闇金の実態を、“リアル・ウシジマくん”に直撃した!

―トキタさんはどのような経緯で貸金業を営まれるようになったのですか?

トキタ 最初は普通の街金に勤めてたんですよ。不動産を担保に法定内の金利で貸し付けするような会社に。で、そこから中堅の消費者金融に移って、配属された支社を全国ワースト2からトップ2にまで引き上げた。そんときに同僚から「トキタさんのやり方なら闇金のほうが稼げるんじゃないか」って言われて、とある高利貸しのグループに転職してね。実際、割とすぐ店長になって、何店舗も任されたけど、今度はだんだん管理職のポジションに飽きちゃって。その後、少しぶらぶらして、独立したのが25歳くらいのとき。結局、13、14年はやったかな。

―“闇金向き”と評価されたのは、どんな部分でしょうか。

トキタ 例えば、客のところへ取り立てに行くのは、朝8時から夜9時までの間と決められているんだけど(*貸金業法による規制)、俺はその“時間外”から客の行動を見張ったりしていたね。早朝から相手の家の前に立っていて、取り立てはできなくても、相手の出勤を「行ってらっしゃい」と見送る。そして8時になったらインターホンを押して、中にいる家族を呼び出す。「(本人は)不在です」と言われても、「知ってるよ。これ渡しといて」と手紙を預ける。こういうことを繰り返して、金を引っぺがすんだよね。

―なるほど……、それは相当なプレッシャーだったでしょうね。ちなみに当時の年収は?

トキタ 多いときは月に1500万から1600万円くらい入ってきたけど、少ないときは300万円という月もある。やっぱりばらつきはありましたね。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017