週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 「秋葉原でアクロバット連発」の動画がヤバイ! 話題のスポーツ「パルクール」ってなんだ?

ニュース

「秋葉原でアクロバット連発」の動画がヤバイ! 話題のスポーツ「パルクール」ってなんだ?

[2014年11月26日]

アキバでオタクたちによるありえない追いかけっこが展開!!

今、YOUTUBEでは、日本の女子高生が体操選手ばりのバック宙や大ジャンプの連続で疾走する動画「忍者女子高生」が、600万PV超という大ヒットを記録している。まるでアクションゲームのように動き回るこの動画は、フランス生まれのスポーツ「パルクール」の動きを取り入れたもので、日本発のパルクール動画として海外でも高く評価されている。

そして現在、日本発のパルクール動画として世界中から注目されているのが、シリーズ累計7300万本を突破する大ヒットゲーム『アサシンクリード』シリーズの最新作『アサシンクリードユニティ』のスペシャル動画「AKIBA STEALTH/アキバステルス」だ。アキバ風の少年が、秋葉原の路地や階段をパルクールで駆け回るエクストリーム感たっぷりの動画に仕上がっている。海外からは「「awesome video(=最高のビデオ)」「Pretty cool(=超カッコイイ)」といった声も。

この動画に参加しているのは「忍者女子高生」でもアクションを披露した日本を代表するパルクールのチーム「CONNECT」。その主要メンバーとして活躍し、「AKIBA STEALTH/アキバステルス 」で主役を務めたのが、19歳のパフォーマー・Shuto(シュート)だ。海外でも評価の高い日本発のパルクールとは? さっそく本人を直撃です!

―パルクールを始めたきっかけは?

Shuto 部活を引退して体がなまりだした中学3年生の後半からスタートしました。はじめはマットでバック宙をやってたんです。自己流なので、もっとうまくなりたくて“バック宙 やりかた”と動画を検索したら、パルクールをやってる方の動画が出てきて、そこから本格的に始めましたね。

―最初にパルクールを見た時の感想は?

Shuto 「これ、カッコイイな! 僕のやりたかったのこれだよ!」ってなりましたよ。そこから、国内や海外のパルクール動画をいっぱい見て、真似していきましたね。真似するのが基本でしたけど、技を真似しつつ自分オリジナルの技を加えてオリジナルな動きを作っていきましたね。

今では、はじめて行った街や公園で「ここでジャンプができる」「この手すりは登れるし、滑れる」と自然にシミュレーションしてますね。すっかり、パルクール脳です(笑)。

―今回の動画「AKIBA STEALTH/アキバステルス」の舞台になった秋葉原の印象は?

Shuto ロケハンで初めて訪れたときは、街がとても綺麗で障害物が少なく「ここでパルクールできるかな?」とちょっと迷いましたね。でも、スタッフさんが路地に障害物を配置することでパルクールらしいスピードがあるアクションを行なうことができました。

僕は障害物を越えられますけど、カメラマンさんたちは越えられないので、撮影は大変だったと思います。

AKIBA STEALTH/アキバステルス


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017