週プレNEWS TOP ニュース 社会 福島第一原発脇“被曝国道6号線”で放射能汚染がますます拡散中!

ニュース

福島第一原発脇“被曝国道6号線”で放射能汚染がますます拡散中!

[2014年12月02日]

東京と仙台を結ぶ「国道6号線」は福島第一原発事故の放射能汚染で寸断されていたが、今年9月15日に約14㎞区間の通行規制が解かれた。これによって約350㎞の6号線全線が自由に走れるようになり、福島・浜通り地域住民の移動、流通、除染作業、さらに東北地方全体の震災復興がやりやすくなった。

しかし一方で、気になるのが安全性の問題だ。福島第一原発からわずか2.5㎞の場所を通る6号線の汚染が、事故から3年半で完全に消え去るはずがない。実際、今回の6号線開通は、二輪車と人の歩行は禁止。窓を閉めた自動車のみ通行可で、途中駐停車・下車は原則禁止という条件がついている。

規制解除を前に大がかりな路面除染が行なわれたが、依然として高濃度の放射性物質は14㎞区間に充満し続けているのだ。

そうなると心配なのが“汚染の拡大”だ。一日当たり上下線合計で1万台以上(国交省・磐城国道管理事務所推計)の通行車両が、原発の南北へ汚染域を広げていくのではないか? その可能性を探るために、本誌は通行解除の翌日9月16日から20日にかけて6号線の路面測定を実施(指導‥長崎大学大学院工学研究科・小川進教授)、結果の第一報を9月29日発売の『週刊プレイボーイ』41号にて掲載した(「週プレNEWS」ではこちら http://wpb.shueisha.co.jp/2014/10/06/36735/)

その測定対象は、いわき市から南相馬市まで「約80㎞区間11ヵ所」で、道路際の「表面」と「1m高」のガンマ線量値(単位‥μSv毎時)、道路際の「表面」と「1m高」のガンマ線・ベータ線(飛距離1m内外)濃度合算値(単位‥cpm)の4項目だ。

なかでも“福島第一原発付近を通り抜けてきた車両が走る側の車線が汚染度が高い”という予測の下、各地点の“上り車線側”と“下り車線側”に分けて計測を行なった。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18