週プレNEWS TOP 連載コラム クロダの挑戦状 “都市伝説”格闘ゲーマーが猛者たちとガチンコバトル!! クロダの挑戦状 VOL.17 【VS マツケン on 『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』】

連載コラム

“都市伝説”格闘ゲーマーが猛者たちとガチンコバトル!! クロダの挑戦状 VOL.17 【VS マツケン on 『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』】

[2014年12月12日]

前髪をなびかせ愛車で都内を移動するクロダ

今回は「クロダのランク」をお送りいたします。クロダがストリートファイターIII 3rd STRIKE(以下、3rd)のキャラクターを独自に強さ別にランク分け。解説もします!

***

【SSランク】-神-
■春麗
3rdの細かな読み合いをシャットアウトできるキャラ。まず、通常技の下中Kからヒット確認で鳳翼扇がつながる時点で、他キャラと牽制技のリターンが違う。その後の追撃と択も強い。移動投げができることも強み。三角飛びもあるから端に追い込まれづらいし、喰らい判定も小さくてとにかく相手の技が当たりづらい。不利になるキャラが一人もいないと言える

【Sランク】-超強い-
■ケン
何はなくとも表裏択の攻め。ターゲットや下中Pなどのヒット確認→迅雷が基本だが、下中Kヒット確認→迅雷も集中すれば出来る。やはり、リーチのある下段技からヒット確認でSAまで繋がるのは非常に強い。それに加え、下中Pでのゲージ溜め能力も高さや、一文字での下ブロ潰しなどもあり全体的にスキがない。
「硬い豪鬼」だと思ってもらえればわかりやすい。豪鬼はすべての技がそろっているが、体力が少ないことでバランスが取れている。しかし、ケンには体力も普通にあるため強キャラであると言える。

【Aランク】-かなり強い-
■ユン
バランスの取れた良いキャラだが、幻影陣の補正のかかり方に問題があり、発動中に空中でジャンプ攻撃により相手を落とした後に、着地で前方転進をすると補正がないため相手の体力が一気に減ってしまう。また、幻影中の前中Kの発生が14フレームと早くて、見てからの反応がなかなか厳しい。
それでいて、発動中の遠弱Pと前中Kはモーションが一緒で紛らわしく、見てから中段のガードはよほど集中してないと無理。そのため、相手は中段で体力を削られて、3、4発喰らってからの前方転進ですぐ死んでしまう。ユンが強いというよりは、幻影陣の補正切りと幻影陣発動中の前中Kの存在が強いという感じ。しかし、体力が少ないため、あっさりと負けてしまうこともある。

■ユリアン
旧基板においては、ガード不能攻撃が何よりデカい。ユリアンが前投げしてヘッドをした時に、相手はクイックをとらないとエイジスでハメ殺される。とはいえ、クイックではどんどん画面端に押されてしまう。今後の研究次第でガード不能関連の連携は増えていくだろうから、まだまだ強くなる余地がある。
ただ、新基板のランクだとガード不能攻撃ができないので、Cランク程の強さとなる。

■オロ
オロもガード不能攻撃が強い。ゲージが1本程度溜まった状態で、近中Pを当てたらそこで試合終了となる。さらに移動投げもあって、スタンゲージも長い。おまけに、バックダッシュも高性能。地上戦も強い。ただ、ユリアンと同じく新基板ではガード不能攻撃がないため攻撃力が落ち、強さとしてはCランクと同等。

『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』
10先ガチバトル(前半)
クロダ(ケン) VS マツケン(ケン)


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017