週プレNEWS TOP ニュース 社会 菅原文太が“若い連中にもうひとつ伝えたいことがある”と遺したメッセージ!「弾ぁ、まだ残っとる」

ニュース

菅原文太が“若い連中にもうひとつ伝えたいことがある”と遺したメッセージ!「弾ぁ、まだ残っとる」

[2014年12月16日]

「俺になんか起きたら、その時に好きなように書けばいい」と遺したメッセージとは

映画『仁義なき戦い』シリーズなどで知られる名優、菅原文太がこの世を去った。本誌は昨年の39号(9月17日発売)で菅原のインタビューを掲載、実は当時、記事にしなかった言葉があった。

撮影も終了し、取材場所の部屋を出ようとした菅原が記者を手招きし、「連れション、しようや」と誘った時のことである。そこに至るやりとりは週プレNEWSでもすでに伝えた。(http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/08/40282/

「俺になんか起きたら読者に伝えておいてよ」ーー本人の希望で、その時は掲載できなかった、メッセージの続きをここに公開する。

■自分には「弾ぁ、残っとる」と思え

菅原は、トイレの白い壁を見つめ続けていた。そして、おもむろに口を開いた。

「ここ(膀胱[ぼうこう])がおかしくなってから(2007年に膀胱がんが判明)小便するのも大儀でな。まあ、体はあっちこっちボロボロだけどなぁ。それでな、さっき言い忘れたが、若い連中に、もうひとつ伝えたいことがあって。こんなことを言うのは僭越(せんえつ)かもしれんけど。

まっ、今の若い連中も大変だと思うよ。生まれた時から、親や社会がレールを敷いちゃってな、そのレールから少しでもハズれようもんなら、すぐに落伍者の烙印(らくいん)を押されてしまう。レールから外れんように生きていても、ほら、最近はヒドい会社が増えているというじゃない? ブラックなんとかみたいな。まじめないい子ちゃんほど、いいように会社や世の中に利用されちょる。まぁ、それは昔と変わらんけども。

だから、そんな連中に言いたいんだよ。

負けてもいいぞって。

でな、さらに大事なことは心の中で、こう自分で自分に言い聞かせることなんだ。

『弾ぁ、まだ残っとる』。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017