週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 今こそ伝説の80年代パ・リーグを熱く語れ! こんな名言、あんな珍言…「国民栄誉賞もろうたら立ち小便もできない」?

ニュース

今こそ伝説の80年代パ・リーグを熱く語れ! こんな名言、あんな珍言…「国民栄誉賞もろうたら立ち小便もできない」?

[2014年12月21日]

現代プロ野球にはない「圧倒的な熱量」と「男くささ」「喜怒哀楽」にあふれていた80年代のエキサイティングリーグ、パ・リーグ

そこには「意地」と「こだわり」と「むき出しの感情」が存在したーー。必ずしもアスリートではなかった80年代パ・リーグの「野球選手」たちの名言の数々をオフシーズン特別企画でご紹介しよう。

***

まずは世界の盗塁王・福本豊(阪急)。83年、MLBの通算盗塁記録を更新した際、政府から国民栄誉賞が打診されるも「あんなもんもろうたら立ち小便できなくなる」とこれを固辞。

物事に執着しない姿勢は88年の阪急最終戦後にも。上田利治監督がスピーチでこの日、引退する山田久志と共に「去る山田、そして福本」と確信犯的に言い間違えたところ、福本は驚きながらもあっさりと「監督がそう言ってしまったんならしゃあない」と、そのまま本当に引退してしまう。なんという潔(いさぎよ)さ!

そんなスピーチが西宮球場で行なわれていた同時刻。川崎球場で勃発した伝説の「10・19」からも数々の名言が。まずは第1試合、同点の9回表2死、倒れれば優勝を逃す場面で、引退を決めていた代打・梨田昌孝(近鉄)がセンター前に勝ち越しタイムリー。「最後の最後で打撃の極意をつかんだ」と語る梨田のこんにゃく打法は、確かにいつもより柔らかかった。

続く第2試合の9回表2死二塁、一打逆転の場面で近鉄・新井宏昌の打球をロッテ・水上善雄が横っ飛びで好捕。その際の「止める! 水上! Thisis プロ野球!」という朝日放送、安部憲幸アナの名実況は多くのファンの記憶に残った。

その一方で、この日、空気を読まずに本塁打を放って近鉄の優勝を阻止したロッテのダメ外国人は「マドロック立ち入り禁止」という詠み人知らずの落書きという形で川崎球場の負の遺産として記録された。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018