週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 伝説の80年代パ・リーグを森脇健児が熱く語った!「ハイレベルの野次が飛び交うスタンドは僕にとっての演芸場でした」

ニュース

伝説の80年代パ・リーグを森脇健児が熱く語った!「ハイレベルの野次が飛び交うスタンドは僕にとっての演芸場でした」

[2014年12月23日]

「人生で大切なものは、ガラガラの大阪球場と南海ホークスに教わった」という森脇健児氏

現代プロ野球にはない「圧倒的な熱量」と「男くささ」「喜怒哀楽」にあふれていた80年代、パ・リーグ。南海ホークス時代からの熱狂的なホークスファンとして知られる森脇健児(もりわき・けんじ)氏が、80年代パ・リーグの真実を明かす!

■観客のおっちゃんが面白くて球場に

―80年代、南海ファンとして熱心に大阪球場に通っていたそうですが、なぜパ・リーグに惹(ひ)かれたんですか?

森脇 うーん……なんでやろね(笑)。あの頃も大阪は阪神か巨人のファンばかりで近所に南海、近鉄、阪急と3つも球団があったのに球場はいつもガラッガラ。選手も巨人の「紳士たれ」とは対極にいる水島マンガさながらの個性派選手ばかり。阪急の森本(潔)なんて、ナイターでティアドロップのサングラスかけとったしね(笑)。

でも僕らは、プロ野球を観に行きながら、半分は観客のおっちゃんらが面白くて球場に通っていたところがある。昔、太平洋(クラブライオンズ)に梅田邦三って選手がおってね。プレー中にちんたら歩いてたんですよ。そしたら近くのおっちゃんが「おーい、梅田がナンバ(大阪球場)でウロウロすなー」ってね。すごいやろ? 「なんてレベルの高い笑いなんや!」ってシビレましたよ。

―日生、藤井寺、西宮、大阪、西京極と、演芸場に通うように球場で野次を楽しんでいたと。

森脇 そういうとこもあったね。南海には小寺(廣和)さんという応援団の方がおってね。後で話を聞いたら、南海は野球が弱い、球場もガラガラ、「そんな中でも来てくれるお客さんを我々が楽しませないと」という使命感を持ってやっていたんやて。

阪急・近鉄との野次り合いはおもろかったなぁ。今も残っている「近鉄電車ではよ帰れ~」を僕らが言うと、近鉄ファンが「近鉄電車は2階建て、南海電車はボロ電車~」と返してくる。阪急は高級住宅地やから「悔しかったら阪急沿線住んでみ~」ってヤジられたりね。皆、ええオッサンが言うんですよ(笑)。

―…ものすごい関西私鉄沿線あるあるの応酬ですね。

森脇 それでも最後には「お互い西武だけには負けんとこなー」言うて、思わずホッとして微笑んでしまう。そんなおもろくて優しい空気がありました。


キン肉マン超人総選挙2017告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】藤木由貴、待望の水着グラビアデビュー!! 

もっと見る

Back Number

  • No.24 Jun 12th 2017
  • No.23 Jun 5th 2017
  • No.22 May 29th 2017
  • No.19-20 May 15th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.24