週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 『パズドラ』『モンスト』のアプリゲーム優勢で、携帯ゲームはのみ込まれていくのか?

ニュース

『パズドラ』『モンスト』のアプリゲーム優勢で、携帯ゲームはのみ込まれていくのか?

[2015年01月07日]

『パズドラ』、3100万ダウンロード突破! 『モンスト』、1700万ダウンロード突破! 最近、アプリゲームに目を向けると、1000万単位の景気のいい数字が登場する。

一方、携帯ゲームの売り上げ本数を見ると、『妖怪ウォッチ2真打』が予約本数100万本でビッグニュースの扱いだ。本数で比較すれば、差は圧倒的。これだけの差があれば、メーカーもアプリゲーム開発に傾き、携帯ゲーム機は衰退していってしまう一方? 『週刊ファミ通』前編集長・ファミ通web戦略企画室室長の長田英樹氏にこの件について聞いた。

「2013年に3DS用ソフト『パズドラZ』が発売されました。無料で3100万ダウンロードされた『パズドラ』の携帯ゲーム機版で、売り上げは150万本でした」

“ソフトは無料”の概念がアプリのユーザーにあるため、同じゲームでも有料だと売れる本数は減るのだ。

「据え置きゲーム機や携帯ゲーム機のソフトメーカーは数千円での商品を売るので、ゲームバランスを徹底的に考えて作るから開発費も時間もかかる。アプリのゲームは、とりあえずゲームをリリースしてユーザーの声を聞いてブラッシュアップする。だから開発費が安く、無料ダウンロードなのでユーザーから苦情があまり出ない。両者の一番の違いはこの点だと感じています」

やはり、携帯ゲーム機は参入障壁の低いスマホゲームにのみ込まれてしまうのか…。だが、アプリゲーム専門誌『ファミ通App』編集長の目黒輔氏はこう指摘する。

「アプリゲームと携帯ゲームは、そもそも別モノです。画面にタッチするアプリゲームはパズルなどには向いていますが、アクションゲームなどのシビアな操作が必要なものとはあまり相性が良くないと言われています」

では今後、どうなっていくのか?

「今、アプリゲームのユーザーは目が肥えてきていて、自分で考え、やり込みながら攻略する、移動中のヒマつぶしには向かないようなゲームのダウンロード数も増えています。この流れで、単純なゲームから一歩進んだモノへの欲求が強くなれば、アプリゲームだけでは物足りなくなり、内容やグラフィックなどのクオリティーが高い携帯ゲーム機や据え置き型のゲーム機が欲しくなる人も増えてくるでしょう」(長田氏)

(取材・文/井出尚志、渡辺雅史、高山 恵[リーゼント] 鈴木晴美)


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!