週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 美メンズ変身講座:第21回「理想のインナーはバカボンパパ! 実は怖い“男の冷え”撃退法(後編)」

連載コラム

美メンズ変身講座:第21回「理想のインナーはバカボンパパ! 実は怖い“男の冷え”撃退法(後編)」

[2015年01月07日]

温めグッズや食材を積極的に取り入れて、冷えを撃退しよう!

実は男にも多いという“冷え性”。その影響は肩こり、頭痛などにとどまらず、メタボやEDの原因にもなるという。

今回は、冷えた体を温かくエネルギッシュに甦らせるための方法を、統合医療医で“冷え”に詳しい川嶋朗先生にうかがった。

―それにしても、なぜ現代人は昔より冷えてしまったんでしょうか?

「ひと言で言うと、生活が便利になったからです。冷蔵庫でいつでも冷たい飲み物が飲めるし、エアコンで体温調節の必要がなく、乗り物が発達して運動不足に。日常的に負荷がかからないと体は自然と怠け、寒いときに熱を作る能力、熱いときに熱を逃がす能力が奪われてしまったんです」

―そんな私たちの冷えた体を温めるにはどうすれば?

「まずは、冷たいものをとらないことから始めてください。仕事の後に毎日冷えたビール…なんてもってのほか。飲み物は冷蔵庫で冷やすのをやめ、せめて常温で。それでも不十分と感じるなら、体温より高い温度のものをとるようにしましょう」

―おつかれさまの一杯がダメとは、なかなかキビシイです。

「ビールを焼酎のお湯割りやウイスキーのお湯割りなどに変えてください。蒸留酒だから太りませんし。また、ホットビールも意外においしいですよ。ベルギーなどではメジャーで、日本でも買うことができます」

―ホットビール? あまり聞いたことがないですがやってみようかな。

「飲み物だけで不十分なら食べ物にも気をつけたいですね。体を温める食材の基本は、寒い季節や寒い地方で採れるもの(リンゴ、さくらんぼ、鮭など)、色の濃いもの(赤ワイン、黒砂糖など)、味の濃いもの(味噌、しょうゆなど)、地中に向かって伸びるもの(根菜類)、水分が少なくて固いもの(豆類、玄米、小魚など)。

また、咀嚼(そしゃく)も大切で30回くらい噛むと理想的ですね。縄文人は1回の食事に4千回以上噛んでいたといいますが、現代人は600回くらいまで減っていますから」

美メンズ21-2

体を温める食材を積極的に取り入れよう


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017