週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 戦場でのルールが通用しない! イスラム国は『バイオハザード』のゾンビと戦うようなもの

ニュース

戦場でのルールが通用しない! イスラム国は『バイオハザード』のゾンビと戦うようなもの

[2015年03月10日]

米議会に地上部隊投入を承認する決議案を送り、ついに「イスラム国」との地上戦に臨む覚悟を決めたオバマ大統領。しかし、かつてイラクやアフガンの戦場が泥沼化したように、圧倒的な戦力を誇る米軍とはいえ、今回の戦いもひと筋縄ではいかなそうだ。

そもそも、イスラム国には「戦場の約束事」がまったく通じない。

実は、現代の戦争には多くの“ルール”が存在する。20世紀前半の2度の世界大戦で、多くの民間人の巻き添えや捕虜への虐待・虐殺を経験した国際社会は、ジュネーブ条約に代表される「戦時国際法」を整備してきた。

国家の正規軍である米軍と、神出鬼没のゲリラ戦を展開するイスラム国の戦いは国家対国家の“狭義の戦争”とは異なる。しかし、1978年に「ジュネーブ諸条約追加議定書」が発効して以降は、不正規軍のゲリラであっても「武器を公然と携行する」なら、民間人ではなく「戦闘員」と認定される。戦闘員は戦場での行動を厳密に規定される一方、敵に捕虜として捕まった際は国際法の規定に基づき保護される。

しかし、イスラム国はこうしたルールなど眼中にない。捕虜を焼き殺したり、引き回した末に処刑し、民間人をも捕らえて斬首する。それらの映像を公開することで、相手側に“恐怖”を植えつけるのが彼らの常套(じょうとう)手段だ。

また、“聖戦”という大義があるため、彼らは死も恐れない。多くの兵士は鋼球を詰めた高性能爆弾付きの自爆ベストを着用し、あらゆる場所が自爆テロの舞台となる。

ソ連・アフガン紛争やボスニア内戦など多くの実戦経験を持つ元傭兵の高部正樹氏はこう警告する。

「彼らの多くは麻薬を常用しており、恐怖も痛みも感じない。数発被弾しても平気で戦闘を続行し、最後は自爆するかもしれません。まるで『バイオハザード』のゾンビのようなものです」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.45 Nov 6th 2017
    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017