週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル ほとんどの人が使いこなせていない、携帯キャリア2強・ドコモとauのクレジットカードで本当に使えるのは?

ニュース

ほとんどの人が使いこなせていない、携帯キャリア2強・ドコモとauのクレジットカードで本当に使えるのは?

[2015年03月12日]

携帯電話をドコモとauで2台持ちしているためカードも両方所持している消費生活アドバイザーの丸山さん。DCMXは、ガラケーをスマホに機種変したらDCMX GOLDに切り替えを検討中だとか

銀行系、信販系、交通系、流通系…。クレジットカードはいろいろあるが、携帯電話キャリアが発行するクレジットカードをご存知だろうか? 

テレビCMなどで記憶に新しいのは、昨年10月にサービスを始めた電子マネー機能搭載の「auWALLETクレジットカード」。一方、すでに2006年から電子マネーの「iD」も使えるクレジットカード「DCMX」を提供中なのが、王者ドコモ。ここにきて、携帯キャリア2強のクレジットカード戦争が火花を散らしている。

そもそも、携帯電話キャリアならではの利点はどの辺りにあるのか。消費生活アドバイザーの丸山晴美さんに話を聞いた。

「どちらも元々は携帯電話の契約者向けのサービスですが、基本の還元率は1%と通常のクレジットカードと比較しても遜色(そんしょく)はありません。いずれも携帯電話だけでなく、ドコモなら光ブロードバンドサービス『ドコモ光』などの支払いもポイント還元の対象になるため、これらのサービスを利用している人にとってはキャリアとそのクレジットカードを利用することがお得への近道といえるでしょう。それに、両者ともポイントを溜めるのも使用するのも自己完結しやすいのがいいですね」

DCMXは1000円毎にドコモポイントが10ポイント、携帯電話の利用料金(※)に対して1000円毎に最大20ポイントがもらえる。そして、auWALLETクレジットカードは200円毎にWALLETポイントが2ポイント、携帯電話の利用料金(※)に対して1000円毎に10ポイントもらえる。(※機種代金やコンテンツ使用料などは除く)

しかし、「自己完結がしやすい」とは一体、どういう意味なのか。

「そもそも基本的にクレジットカードの損得はその人の使い方次第なんですよ。それぞれのメリット・デメリットを勉強して、複数のカードを用途別に使い分けるのもいいですが、実際にはほとんどの人が“使いこなせていない”可能性があるのです。しかも複数のカードだとポイントも分散してしまい、ポイントが使いにくくなってしまいがち。

そういう意味でも、“まとめる”ことがお得への近道なんです。携帯代金や公共料金はもちろん、VISAなので(DCMXはMasterCardも選択可)ほとんどの支払いに使えます。そして、どちらのポイントも自社のサービスで使えるのでムダがありませんよね」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017