週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 日ハム・大谷、30本塁打の可能性は発想の転換にある?

ニュース

日ハム・大谷、30本塁打の可能性は発想の転換にある?

[2015年03月17日]

プロ入り2年目の昨年は日本球界史上初、「ふた桁勝利(11勝)&ふた桁本塁打(10本)」を記録した日本ハムの大谷翔平。

メジャーリーグでもベーブ・ルース以来という大記録の達成、ここまでの成果を残したのだから、さらに「20勝&30本塁打」という偉業も視野に入れてほしいところ。今回はそのために必要な条件を、野手としての側面から探ってみた。(前編・投手での可能性はこちら→http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/16/45131/

もともと大谷は打球を遠くへ飛ばす能力に天性のものがあり、今年のキャンプではさらスケールアップしていた。パ・リーグ某球団のスコアラーが語る。

「スイングがややコンパクトというか、シャープになった。『強く叩く』というヤツですね。キャンプでの打撃練習を見たら、主砲の中田翔より飛距離が出ていました。当然、今年は本塁打も増えると思います」

昨年までロッテの捕手として活躍し、大谷と直接対決した経験のある里崎智也氏も打者・大谷の能力をこう評する。

「純粋に打者として見れば、間違いなく30本塁打はクリアするポテンシャルがある。昨年の段階でも、打者一本でフル出場していたら30本は可能だったと思います」

昨年の大谷は10本塁打。だが、ここでは単純な本数ではなく、1本打つのにどれだけの打数を必要としたかを示す「本塁打率」に着目したい。

昨年の大谷の本塁打率は21.20。本塁打王のメヒアや中村らには負けるが、同じ日本ハムの4番・中田翔(19.67)とさして変わらない数字だ。もし中田と同じ打数だったと仮定した場合、単純計算すれば25本打っていたことになる。

実は、日本ハムの栗山監督はこんなことを言っている。

「大谷は、たった10本ですごいと思われるような選手じゃない。300打席くらいあるとして、10回に1回が本塁打なら30本打てるわけです」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018