週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー アップルウォッチは信者以外、誰が買うのか?

ニュース

アップルウォッチは信者以外、誰が買うのか?

[2015年03月25日]

米アップルが、腕時計型ウエアラブル端末「アップルウォッチ」を4月24日に発売すると発表した。

時計機能だけでなく、iPhone(iPhone5以降)と連動させ、通話やメッセージ送受信、心拍数の表示、ランニング中の距離や消費カロリーの計測、さらにツイッター、フェイスブックなどのチェックや、Uberアプリを使ってのタクシー呼び出しなども可能だ。

3月9日の発表会で、同機を実際に操作したITジャーナリストの石川温(つつむ)氏が語る。

「アップル製品らしく直感的に使えるなど操作性はよく考えられています。ただ、技術的には競合のAndroidウォッチでもやれることばかり。また、アップルウォッチのほとんどの機能はすでにiPhoneに備わっています。つまり革新性という意味では、さほど特筆すべき点はありません」(石川氏)

それどころか、現時点ですでに明らかになっているウイークポイントさえある。

「バッテリーが18時間しかもたないので、毎日充電しなければなりません。これは時計として大きなネックです」(石川氏)

しかも、そんな不完全な製品でありながらアップルウォッチの一部モデルには驚愕(きょうがく)の高値がつけられている。18金製ケースを使った豪華モデルの最高級品は218万円(!)もするのだ。

「従来の高級時計はステイタス、複雑な構造、デザイン、何十年も使える信頼感などの価値に対して対価が支払われています。しかし、アップルウォッチのメカニズムは、どのグレードも共通。しかも、デジタル機器ですから、1、2年もすれば陳腐化して使えなくなる。

ケースやベルトにこそ高価な素材を使っているものの、そんなモデルに100万、200万と払えるのは、よほど物好きな金持ちだけでしょうね」(石川氏)


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48