週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 プーチンが「核攻撃」恫喝を連発。ロシアの言い分、“いじめっ子はアメリカ”か?

ニュース

プーチンが「核攻撃」恫喝を連発。ロシアの言い分、“いじめっ子はアメリカ”か?

[2015年03月28日]

オススメ

ロシアから立て続けに届いた物騒な発言が各国を震撼させている。

15日に放送された国営テレビでプーチン大統領が、1年前にウクライナからクリミアを併合した際、欧米からの妨害を想定し「核兵器を臨戦態勢に置く準備があった」と明かし世界中が戦慄。さらに、23日にはワーニン駐デンマーク大使が、北大西洋条約機構(NATO)のミサイル防衛計画にデンマークが参加した場合、「ロシアの核ミサイルの標的となる」と恫喝(どうかつ)したのである。

この短期間に二度も「核」を持ち出すのは穏やかではない。はたして、プーチンの狙いは?

日本人として初めて、ロシアの外交官とFSB(元KGB)を専門に養成するロシア外務省付属「モスクワ国際関係大学」を卒業した、モスクワ在住の国際関係アナリスト・北野幸伯(よしのり)氏に解説してもらった。

***

こういう、一見わけのわからない過激な発言が出てきた時は「相手側」(つまりロシア側)の立場になって考えることが大事です。つまり、「プーチンはクレイジーな独裁者だ!」のひと言で済ませず、考えてみる。善悪は別として、ロシア側にはロシア側の論理が一応存在するからです。

それはなんでしょうか? 多くの人は「ロシアは隣の小国ウクライナをいじめている」と考えているのでは? もちろん、その通りなのですが(笑)。

しかし、ロシア側の意識は全然違って、「私たちこそ、いじめられっ子だ!」と思っているのです。

これはジョークではありません。私の近所の知人たちも皆、そう言っています。ロシアが「いじめられっ子」と主張するのなら当然、「いじめっ子」が存在するはずです。それは誰なのか?

すぐにわかった人もいるでしょう。そう、「いじめっ子はアメリカ」です。なぜ? 少し歴史をさかのぼってみます。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan. 29th 2O18 no.5
  • Jan. 22nd 2018  no.3・4
  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】松川菜々花、モグラ女子の大本命!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.5

クルマ増刊2017

グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018