週プレNEWS TOP ニュース ビジネス ユニクロ席巻で崩壊? 実は2年前から決まっていたファッショントレンド

ニュース

ユニクロ席巻で崩壊? 実は2年前から決まっていたファッショントレンド

[2015年04月05日]

トレンドのカラーとスタイルをいくつも取り入れドヤっているのは「週プレNEWS」読モ(笑)の三浦君。しかし梅林さんいわく「トレンドは1,2個で十分。あとは組み合わせ方です」

販売実績や売り上げなど数字で確証を得られる“トレンド”。

もちろん「自撮り棒」のようにはっきりした数字が出なくとも世間の傾向など身の回りからわかるものもあるが、不思議なのはファッショントレンドだ。

毎年、しかもシーズンごとにファッション誌には「この春のトレンドは○○!!」などの文句が表紙を飾る。そのサイクルの早すぎることといったら。「そんな毎度毎度、変わるのかよ!? マスコミお得意の誘導か?」と内心呟く人もいるはずだ。記者も正直そのひとり。

そこで、一体この“ファッショントレンド”はどうやって作られるのか。踊らされたくないので、スタイリストの梅林裕美さんに聞いてみた。

「えー、業界で働きながらなんでマスコミ不信なのかわからないですけど、ファッション誌は関係ないですよ」

えっ? 何それ、もう話が終わってしまったしバカみたい…。じゃあ誰が作ってるんですか!

「では、最初から順を追って“ファッショントレンド”が消費者に届くまでを説明しましょう。まず一番最初に決まるのは“色”からです。これは日本の『日本流行色協会』(JAFCA)も含めた世界15カ国でなる『国際流行色委員会』が約2年後の世界のトレンドの色を決めます。これはファッションに限らず、車やコスメ、家電なども含まれます」

2年後って!? いま流行りの色はそんなとこですでに決められていたのか! というか、それってただの決めつけじゃ…。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10