週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 世界に先駆け女性による女性のためのレーシングプロジェクトが始動。女性だけのF1カテゴリー創設も?

ニュース

世界に先駆け女性による女性のためのレーシングプロジェクトが始動。女性だけのF1カテゴリー創設も?

[2015年04月23日]

NEW

プロジェクトリーダーの井原恵子氏(下段中央)、下段左から時計回りに大学四年生の岩岡万梨恵さん、お寺の副住職の蓬茨夕美(ほうし・ゆみ)さん、台湾からの留学生のホン・ミンウィさん、主婦の大橋恵さん、医師の林由理子さん。後ろには訓練車のNC型ロードスター

WEC(FIA世界耐久選手権)で女性初の表彰台を獲得するなど海外でも活躍するレーシングドライバーの井原慶子氏が4月11日、女性レーシングチームの監督に就任することが発表された。

このチームはFIA(国際自動車連盟)、JAF(日本自動車連盟)が推進する「ウイメン イン モータースポーツ」のプロジェクトの一環で、自動車メーカーのマツダが協賛。FIAアジア代表委員を務める井原氏と共にモータースポーツに参加する女性を公募し、トレーニング車両や場所の提供、ドライビングのトレーニングやレースへの参加をサポートしていくという。

この日、お台場で開催された「モータースポーツジャパン フェスティバル・イン・お台場」(4月11日、12日開催)のマツダブームでは井原氏と公募で選ばれた女性26名がお披露目。井原氏は次のように語る。

「女性がもっとモータースポーツや自動車産業に参画できる環境を作っていく取り組みをFIAやJAFと進めている中で最初に主旨に賛同してくださったのがマツダです。ロードスターを訓練車として、女性ドライバー、エンジニア、メカニックを志す女性を募集したところ200名以上の応募申請がありました。

クルマを運転したい、モータースポーツをやりたいという女性が日本にこんなにたくさんいると思わなかった。女性というのは人生の中で結婚、出産、子育てなどいろんなフェーズがある。履歴書や面接で聞くと、今までもガマンしなきゃいけなかったとか、やりたかったけどできなかったとかそういう気持ちが伝わってきました」

井原さん自身も男性社会であるモータースポーツの世界では苦労も多かったとか。

「私が16年間、女性ドライバーとして世界最高位を獲るまでに日本レースシーンや社会で感じていたのは、どのプロジェクトのオーディションにも必ず年齢制限があるということ。24歳以下でなければいけないというようなオーディションが多く、私は25歳からレースを始めたのでどのオーディションも受けられなかったんです。

でも人が集まらなかった時に、30歳でも来てくださいと声をかけられたり理不尽だなと感じることも非常に多かった。

そこで今回のプロジェクトに関しては年齢制限を外しました。すると18歳から68歳の方まで応募があり、選ばれた中には50代の方もいます。職業も様々で医者、エンジニア、博士、専業主婦、お坊さん、女子大生など本当にバラエティに富んた方々が参加してくれました」


コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】藤木由貴、待望の水着グラビアデビュー!! 

もっと見る

Back Number

  • No.19-20 May 15th 2017
  • No.18 May 1st 2017
  • No.17 Apr 24th 2017
  • No.16 Apr 17th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊NEW YEAR2017
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.19&20

週刊プレイボーイグラビア増刊GW2017