週プレNEWS TOP ニュース 社会 大人気のふるさと納税、新ルールで何がさらにお得なのか

ニュース

大人気のふるさと納税、新ルールで何がさらにお得なのか

[2015年04月24日]

オススメ

4月1日からルールが新しくなり、ますます注目のふるさと納税。自治体によっては豪華な返礼品が贈られてくる。写真は鳥取県境港市の「境港産紅ズワイ脚肉・爪肉セット」

好きな地方自治体に寄付をすると、産地直送の返礼品が贈られてきて税金の控除まで受けられるーー。

そんなお得さがウケて大人気なのが「ふるさと納税」。実は4月1日からルールが新しくなって、ますます要注目となっているのだ。

ふるさと納税の仕組みをすごく大ざっぱに言うと「1万円の寄付でもらえる特典」が実質2千円(年収ごとの上限額まで)の負担額で手に入るというもの。その特典がかなり豪華な自治体が多く、利用者が急増している。

しかし、4月からのルール改正で何が変わったのか? そして、そもそも「ふるさと納税」とは何か? よくわかっていない人も多いだろう。そこで、ふるさと納税ポータルサイト『ふるさとチョイス』の吉澤哲氏に基本知識を聞いた。

「過疎などで税収が減少する地方に、都会にいる人が貢献できるようにと2008年から始まった制度です。一般にふるさと納税と呼ばれていますが、正式には『ふるさと寄付金制度』。自治体に寄付をすると2千円を超える部分について所得税や住民税が控除されます」

この「ふるさと納税」には5つの特徴がある。

「ひとつ目は“各地域の特産品や工芸品などのお礼の品がもらえる”。いつ、どこの自治体が始めたのか定かではないのですが、寄付してくれた方にお礼の品を贈るようになりました。当然、自治体の取り分は減りますが、その自治体のブランディングができ、地場産業にお金が落ちる。そのため今では特産品を中心になんらかのお礼を贈るのが当たり前になり、それで人気が上がっています。

ふたつ目は“自分の生まれ故郷でなくても寄付できる”。3つ目が“複数の自治体に寄付できる”。いろいろな土地の特産品をもらうことができるので、お取り寄せグルメに近い感覚があるわけです。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20