週プレNEWS TOP ニュース 社会 周辺地域で線量が1000倍に急上昇! “フクイチ”で何かが起きている!?

ニュース

周辺地域で線量が1000倍に急上昇! “フクイチ”で何かが起きている!?

[2015年04月27日]

NEW

4月6日から8日に突如として高い線量を検出した南相馬市のモニタリングポスト。特に常磐自動車道の鹿島SAでは55μSvという通常の1000倍もの数値を記録、福島県は計器故障と発表し線量測定を即中止した…

このところ福島第一原発の様子が、どうもおかしい。特に気になるのが2号機で、4月3日に格納容器の温度が約20℃から70℃へ急上昇した

さらに2日後には88℃に達し、4月第3週現在も70℃前後から下がっていない。もちろん熱源は4年前に圧力容器からメルトダウンした最大重量100tとも推定される核燃料である。

その温度は、事故当初は太陽の表面に近い4000℃前後で、不純物が混じって核燃デブリ(ゴミ)と化した今でも塊の内部は1000℃以上を保っているとみられる。つまり、2号機内ではデブリがなんらかの原因で活発化して放熱量が高まっているようなのだ

この点について琉球大学理学部の古川雅英教授(環境放射線学)は次のように説明する。

「1~3号機ともに核燃デブリを冷やすために放水作業を続けていますが、その水量調整が実は大変に難しい。少ないと文字通り焼け石に水です。

また、極めて稀(まれ)なケースですが、環境条件が整えば、水によって減速された核分裂中性子が連鎖的な核分裂を誘発する可能性もあります

だから東電の事故処理対策では、今のところ1~3号機ひとつにつき、一般の水道蛇口ふたつを全開にしたほどの注水を続けている。これは巨大な原子炉格納容器と比べれば意外にわずかな水量といえる。

にもかかわらず、なぜ2号機の温度は急上昇したのか?


週プレ酒場 今日もやってます!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.28 Jul 10th 2017
    • No.27 Jul 3rd 2017
    • No.26 Jun 26th 2017
    • No.25 Jun 19th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.28