週プレNEWS TOP ニュース 社会 マニラ教員時代の教え子が証言、“児童売春騒動”元校長の表と裏「すごく親身で帰任する時には泣いた」

ニュース

マニラ教員時代の教え子が証言、“児童売春騒動”元校長の表と裏「すごく親身で帰任する時には泣いた」

[2015年04月27日]

高島容疑者が理科の教員だった、当時のマニラ日本人学校校舎。2001年からは別の校舎へ移転している

フィリピンで1万2千人以上の女性を買春し、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の容疑で逮捕された、横浜市の中学元校長、高島雄平容疑者(64歳)。教職者による衝撃の犯罪に驚いた人も多いだろう。

一体なぜ、彼はこれほどの数の女性を「買って」しまったのか。フィリピンを拠点に活動する「開高健ノンフィクション賞」受賞作家、水谷竹秀氏が現地で取材した。

 * * *

高島容疑者は1988年から3年間、マニラ日本人学校中学部で理科の教員をしていた。その期間に高島容疑者の教え子だったという卒業生の男性(38歳)は、彼の逮捕を聞いて絶句した。

「こんな事件に関わるような人物像とはまるっきり違いました。僕は化学が苦手だったんで、先生に何度か質問にいきましたが、すごく親身になって教えてくれた。帰任する時には泣いた記憶もあります」

この卒業生によると、高島容疑者は当時、中学部の学年主任的な立場。テニスクラブのコーチで時々「もっと走れ!」と叱咤(しった)することもあったが、愛情が感じられる指導だった。

学校では小学部に上がる前ぐらいの年齢の息子の姿も見たことがあるという。

「愛妻弁当のようなハンカチに包まれた弁当箱を持っていました。だから奧さんも一緒に住んでいたと思います。学校のフィリピン人スタッフとのスポーツ交流会にも積極的に参加し、夜はスタッフたちと食事によく行っていたので、平日夜は女のコに手を出す時間はなかったと…」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.19&20