週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 8割の男性の服は大きすぎ! カッコよく見える“服選びのルール”とは?

連載コラム

8割の男性の服は大きすぎ! カッコよく見える“服選びのルール”とは?

[2015年04月29日]

着こなしに一番大事なのは「ジャストサイズ」を着ること! 吉田氏にチェックされ緊張気味の週プレ読モ(笑)の三浦君

「自分はファッションセンスがない」「イケメンじゃないし何を着ても同じ」…などと、ファッションを諦めていないだろうか?

実は、“ルール”と“ロジック”を知れば、誰でもカッコよい着こなしをマスターできるという。元伊勢丹メンズ館のカリスマバイヤーで男性専門ファッションコーディネートサービス「ライフブランディング」代表の吉田泰則氏が、ファッションが苦手な男たちに“ロジカルな着こなし術”を伝授する!

―ファッションは悩みだらけというか、まず洋服屋に入るのすら怖くて…。正直、学生時代から私服はこんな感じですが、いかがでしょうか?

吉田 シャツの丈が長いのが気になりますね。お尻がすっぽり隠れていますが、だいたい長くてもお尻の半分くらいが目安。こういうシャツをラフに羽織るスタイルの方は多いんですが、実はカッコよく着こなすのはとても難しいんです。

週プレNEWS読モ(笑)の三浦君の私服。街でもよく見かける着こなしだが…

三浦君の私服をチェック。街でもよく見かける着こなしだが……

―えっ? Tシャツ+シャツは、編集部スタッフの定番ですが(汗)。

吉田 まず理解していただきたいのが、ファッションは「コミュニケーションツール」だということ。必ず相手を想定して、相手から見て失礼でないかを考えることが大切です。多くの男性はその視点が抜け落ち、動きやすいラクな服装など自分本位の選び方になっています。

そういった前提で論理的に考えると、例えばジャケットかシャツかなどアイテム選びは「相手」「場所」で決まります。さらに、そのジャケットをどう選ぶかは「サイズ」「色と柄」「素材」この3点がポイントになります。

サイズについては、日本男性の約8割が大きすぎるサイズを着ていると言われています。一番大切なのは「ジャストサイズ」を着ること。一般の方もジャストサイズの感覚がつかめると洋服選びに自信がつくでしょう。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.45 Nov 6th 2017
    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.45

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017