週プレNEWS TOP ニュース エンタメ スーファミ世代、悶絶の2大レジェンド対談! 堀井雄二(ドラクエ)×坂口博信(FF)【前編】 「ファンとしてもライバルとしてもドキドキしてた」

ニュース

スーファミ世代、悶絶の2大レジェンド対談! 堀井雄二(ドラクエ)×坂口博信(FF)【前編】 「ファンとしてもライバルとしてもドキドキしてた」

[2015年05月02日]

ドラクエ、FFシリーズのレジェンド、堀井雄二氏(左)と坂口博信氏(右)

スーファミの頃、RPGは黄金期を迎えていた。『ドラクエ』(以下、ドラクエ)『FF』(以下、FF)の二大巨頭がライバルとして並び立っていた時代であるーー。

そんな『ドラクエ』の生みの親、堀井雄二氏と『FF』の生みの親、坂口博信氏による、実に十数年ぶりという対談が実現!

ライバル関係でもあった両者が、RPG黄金期ともいえるスーファミ時代にお互いをどう思っていたのか…ぶっちゃけていただきます!

―おふたりがこうして対面するのはいつぶりですか?

堀井 ゲームショーとかでチラッと顔を合わせたりはしてたけど…随分、久しぶりじゃない?

坂口 そうですね。こうやってきちんとお話しするのは10年以上ぶりじゃないかな。でも、最初にお会いした時のことは今でも覚えてますよ。まだファミコンの『FF』を作ってた頃、鳥嶋さん(鳥嶋和彦。鳥山明氏のマンガ『Dr.スランプ』にてDr. マシリトのモデルとなった『週刊少年ジャンプ』の元名物編集者。現集英社専務取締役)に堀井さんを紹介してもらって。それがきっかけで飲みに行きましょうって誘ったんですよね。

堀井 そうだった、そうだった。でもあんまりゲーム論みたいな話にはならず、くだらない話ばっかりしたよね(笑)。そういえば、そもそも僕が『ドラクエ』を作ることになったのも、絵を鳥山さんに描いてもらうことになったのもトリちゃん(鳥嶋氏)がきっかけだったんだよな。トリちゃんとはまだ会ってる?

坂口 はい、今でも年に3、4回くらいは飲み会で顔を合わせますよ。

―おふたりを結びつけた張本人が、あのマシリトだったとは(笑)。ところで、今のお話ですと、ライバル関係絶頂期だったファミコン、スーファミ時代もいがみ合っていたわけではなさそうで…。

坂口 いがみ合うなんて畏(おそ)れ多い(笑)。最初に『ドラクエ』が先駆者として出てますから。『ドラクエ』を初めてプレイした時に「あ、ファミコンでもRPGが作れるんだ!」と驚いて、それで作ったのが『FF』。まぁ、『ドラクエ』人気が初めにあり、それに追いつけ追い越せって気持ちだったかな。

堀井 でも、お互い意識はし合ってたよね。僕はすごく気にしてましたよ(笑)。ほほう、『FF』はこうきたか、って。『ドラクエ』は体験型ゲームだから主人公に喋らせないけど、『FF』みたいに主人公が喋ると映画を見ている感覚に近づくから、こういう手法もあるのか、とかね。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48