週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 セルジオ越後が期待する、FIFA理事当選・田嶋氏のリーダーシップ

連載コラム

セルジオ越後が期待する、FIFA理事当選・田嶋氏のリーダーシップ

[2015年05月14日]

日本サッカーにとって明るいニュースだね。日本サッカー協会の田嶋幸三副会長(元日本代表選手。日本サッカー協会で技術委員長や専務理事を歴任)が、FIFA(国際サッカー連盟)の理事に当選した件だ。

4月30日、バーレーンで開かれたAFC(アジア・サッカー連盟)総会でFIFA理事選挙が行なわれ、田嶋さんは36票の最多得票を集め、落選した4年前の雪辱を果たした。日本人のFIFA理事としては通算4人目。2002年から11年まで理事を務めた小倉(純二・現日本サッカー協会名誉会長)さん以来の就任となる。

小倉さんの後任として出馬した前回の落選が勉強になったのだろう。今回は4年間準備を進め、やるべきことをやって選挙に勝った印象だ。田嶋さんは落選後、AFC理事に就任して組織改革に努め、加盟各国を飛び回って顔を売った。また、日本サッカー協会としても、指導者を派遣したり、ボールやグラウンドなどハード面の整備のサポートをしたり、アンダー世代の代表チームを日本に招待したりと、地道な活動を行なってきた。

正直、お金はかなり使っただろう。でも、問題はない。政治に限らず、選挙にはお金がかかるもの。必要な“投資”だったと思う。

理事会は会長や副会長(8人)、各大陸連盟から選出された理事(15人)らで構成されるFIFAの最高意思決定機関。そこに出席できるメリットは大きい。世界のサッカーのあらゆる情報がダイレクトに入ってくるわけだからね。各国、各大陸の動きをいち早く察知し、さらにFIFA内部の事情を知ることで、場合によって必要となる政治的な働きかけなど素早い対応が可能になる。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan. 29th 2O18 no.5
  • Jan. 22nd 2018  no.3・4
  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】松川菜々花、モグラ女子の大本命!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.5

クルマ増刊2017

グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018