週プレNEWS TOP ニュース ビジネス 大戸屋が支持される秘密? 客への心配りからパートのお母さんたちの向上心まで半端ない!

ニュース

大戸屋が支持される秘密? 客への心配りからパートのお母さんたちの向上心まで半端ない!

[2015年05月19日]

豊富なメニューと手頃な値段設定で幅広い層から支持を得る定食屋チェーン大戸屋。

豊富なメニューと手頃な値段設定で学生からサラリーマン、OLまで幅広く浸透している定食屋チェーン。その中でも特に高い支持を集めるのが「大戸屋」だ。

その勢いはすさまじく、すでに日本国内のみならずアジアを中心に海外でも86店舗を展開。14年3月期の売上高も過去最高を記録した。しかし“定食屋”としての本当の実力は、店の中をのぞいてみないことにはわからない。

そこで、本誌記者は大戸屋・武蔵小山店にて厨房取材を決行。大戸屋の店内調理のレベルを検証した。

武蔵小山店は駅前商店街の雑居ビルの2階にある。大戸屋の店舗は地下や2階以上のフロアにある店舗がほとんどだが、これは、「ひとりで食事しているところを見られたくない」という女性の心理を考えてのことだという。

午前8時、開店前の厨房は活気づいていた。野菜の仕込み担当はパートの40代主婦。大根の皮むきをしたり、三つ葉やニンジンを切ったり、キャベツを千切りしたり…。

手慣れた包丁さばきで、まな板には均一に切り分けられた野菜が見る見ると積み上がり、大きな保存容器に入れられて専用のシールをペタリ。そこには食材名と仕込み日時と消費期限日時が書き込まれた。

「食材の消費期限は保存容器をひと目見ればわかるようにしてあり、その日時までに使い切れなかったものはすべて廃棄します」(パート店員)

揚げ物の担当は、男性の外国人店員。鶏モモ肉にパン粉をつけ、フライヤーに入れた。

「これは、人気メニューの『チキンかあさん煮定食』用ですね。チキンかつを特製のオリジナルのタレで煮込む料理なので、事前にランチの必要枚数を揚げておきます。揚げてから2時間が大戸屋の消費期限になっています」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017