週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 榎木孝明の“30日断食”に理はある!が、安易にマネできない特殊ケース

ニュース

榎木孝明の“30日断食”に理はある!が、安易にマネできない特殊ケース

[2015年07月01日]

俳優の榎木孝明氏(59歳)が30日間の断食(本人いわく「不食」)に成功したとして話題だ。

期間中は水分と塩分、糖分補給の飴しか口にしないという過酷な生活。だが、9㎏減量したものの特に体に異変はないどころか「集中力が増し、睡眠も深くなって腰痛も消えた」などの効果まで得られたという。にわかには信じ難い話だが、果たしてそんなことが本当にあり得るのか…栄養失調になったりしないのか?

そこで、医学的に断食療法を行なう公的施設、五色(ごしき)県民健康村健康道場(兵庫県洲本市)の道場長で医学博士の笹田信五先生に聞いた。まず、そもそも人間は30日間も断食できるものなのか?

「可能です。脂肪が10㎏あれば、それだけで1ヵ月間、何も食べなくても水分だけ取れば生きていけるだけのエネルギーを蓄(たくわ)えていることになりますから」

では、榎木氏の言う減量以外のプラス効果については?

「そのような効果が得られることも事実です。断食というのは減量だけでなく心身ともに非常に健やかになれる療法なんです」

まさか医学的お墨付きがあるとは! でも、なぜ食べないことが心と体にいいのか。

「生命維持システムが断食によってストレスのない状態に保たれ、身体、精神的にいい効果として表れます。私の道場の体験者も高血圧や糖尿病などの生活習慣病が改善するだけでなく、不快指数を調べる充実感テストでも良好な結果が出て、うつ病を克服したケースもありました。特に断食4日目以降に体の好調を感じる人が多い」

断食の期間はどのくらいがベストなのだろう。

「私の道場では5日半断食して、5日半お粥(かゆ)を食べて『復食』する11日間のプログラムを勧めていますね。一度に30日間もの長期間の断食を行なうよりも、期間は短くても回数をこなし、生活習慣を改善していくほうが効果は大きいです」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10